「Windows 10」搭載デバイス、今後2~3年で10億台に--マイクロソフトが予測

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)

2015-04-30 10:30

 「Windows 10」が、今後2~3年の間に10億台のデバイスにインストールされるとの予測を、Microsoftが明らかにした。


サンフランシスコで開催のBuild 2015で登壇したMicrosoftのOS担当バイスプレジデントTerry Myerson氏
提供:Nate Ralph/CNET

 MicrosoftのOS担当グループ責任者を務めるTerry Myerson氏は、同社がサンフランシスコで開催中の「Build 2015」カンファレンスの初日にあたる米国時間4月29日、この大胆な予測を発表した。

 この10億台という数字は、何らかの形でWindows 10を実行可能になる、さまざまなデバイスすべてを網羅したものだ。ここには、デスクトップ、PC、ノートブック、タブレット、「Windows Phone」搭載デバイス、ゲーム機の「Xbox One」、会議システムの「Microsoft Surface Hub」、拡張現実(AR)ヘッドセットの「Microsoft HoloLens」、さらにはさまざまなモノのインターネット(Internet of Things:IoT)デバイスが含まれている。

 現在、世界で何らかのバージョンの「Windows」を実行しているPCの数は、15億台程度と推計されている。

 2018年夏までに10億台という予測が発表されたことは、Windows 11や12といったものが今後数年の間に登場する見込みがないことを意味する。だが、Microsoftが提唱する「Windows as a Service」の意味を理解している人にとっては、これは驚くことではない。Microsoftは、Windows 10のアップデートを(マイナーなものもメジャーなものも含めて)発売後も当面の間は続けていく計画を明らかにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]