グーグルが公開したNoSQLデータベース「Cloud Bigtable」--主要製品を支える技術とは

Toby Wolpe (ZDNet UK) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年05月11日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月6日、同社の主要サービスのほとんどで使われている「Cloud Bigtable」テクノロジを、フルマネージド型クラウドNoSQLデータベースサービスとして公開した。

 検索とクラウドの大手である同社が2006年の重要な論文で発表したBigtableは、「Gmail」や「Google Analytics」「Google Search」といったアプリケーションに利用されている。同社はこのBigtableについて、大規模なデータ採集やアナリティクス、大量のデータを扱うワークロードを目的としたものだとしている。

 これまで、Bigtableは明確には一般公開されてこなかった。ただし、GoogleのスキーマレスなNoSQLのストレージサービスである「Cloud Datastore」は、このテクノロジを基盤としている。

 GoogleのCloud Bigtableは現在、ベータ版として公開されており、オープンソースデータベースの「Apache HBase」のAPIを経由して提供されているため、Googleによれば、既存のビッグデータの多くや、Hadoopのエコシステムなどとネイティブに統合できるという。

 Cloud Bigtableは、メッセージングツールの「Cloud Pub/Sub」や、パイプライン開発ツールの「Cloud Dataflow」、アナリティクスソフトウェアの「BigQuery」といった、Googleのほかのビッグデータ製品と統合されている。

figure_1
Cloud Bigtableの製品マネージャー、Cory O'Connor氏
提供:Google

 Cloud Bigtableの製品マネージャーのCory O'Connor氏は、「レイテンシは10ミリ秒未満で、ほかの製品に比べて非常に低く、コストパフォーマンスが優れている。つまり、1カ月1ドルで、取り込みと保存、さらに書き出しができるデータの量が、極めて多いということだ」と述べている。

 Googleによると、この新しいサービスは競合製品と比べて、コストパフォーマンスは2倍、総所有コストは半分で済むという。

 「大量のデータを保有している企業は非常に多いが、そうした企業の多くに話を聞いたところ、現在はある程度の期間が経過したらデータを捨ててしまっているか、無効にしているということだった。時間的な視点が全くないのだ。また、そうした決定ができるほど十分なデータを保存できていない」(O'Connor氏)

 「こうした問題に対処するテクノロジが全て、1つの製品に一括して搭載され、管理の必要がなくなる。それだけのデータサイズに対応できるテクノロジを1つ持っていたとしても、管理の問題が常にあった」(同氏)

 Cloud Bigtableでの作成や設定変更はシンプルなユーザーインターフェースを通して行われ、補助ストレージは自動的にスケーリングされる。

 「われわれの言うフルマネージドとは、完全なデプロイのことでも、管理されたデプロイのことでもない。基本的に、サーバプロセッサのスループットが確保され、さらにそのために無制限かつ柔軟なストレージも同様に確保されているプロビジョニングができるAPIだ」(同氏)

 「現在は、まず自分が必要とするデータベースについてリサーチし、そのデータベースのライセンスを取得し、そのデータベース向けのサポート契約を結び、どの仮想マシンを使うか検討し、仮想マシンのサイズを試算し、メモリを選ぶという作業をしなければならない。そのために非常に多くの選択を行わなければならず、多くのリサーチが必要になる」(同氏)

 O'Connor氏によれば、従来の構成ではストレージやネットワーク、バックアップ、仮想マシンについて考えなければならないため、デプロイを考慮しなくても複雑な作業になるという。

 「これには、仮想マシンを起動し、ソフトウェアをデプロイし、全てのノードを設定するという山のような作業が必要になる。Bigtableでは文字通り、ウェブサイトをぱっと開いて、ユーザーインターフェースを使って『新しいクラスタを作成する』ということになる」(同氏)

 「ユーザー名と、基本的にそのクラスタで必要とするパフォーマンスを聞かれる。作成ボタンをクリックすると、数秒以内にユーザーインターフェースに緑の小さなチェックボックスが表示される。そうすると、1秒当たり10万回の読み取りと書き込みができ、必要に応じてすぐにデータを拡張できるクラスタが作成されている。GoogleはBigtableを10年間管理してきた。われわれはそれをうまく扱う方法について非常に良く理解している」(同氏)

 O'Connor氏は、企業がこの新しいサービスを使って、例えばオンプレミスやクラウド上のHBaseや「Cassandra」のクラスタから移行することができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算