編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IBMとFacebookが提携--パーソナライズ化した広告の精度を向上

山田竜司 (編集部)

2015-05-08 07:00

 IBMは米国時間の5月6日、マーケティング領域でのFacebookとの協業を発表した。世界的なブランドで製品や サービスを提供する企業向けにマーケティング機能を提供する。。IBMのマーケティングツールにより、Facebook広告の精度を上げられるという。

 IBMのマーケティング向けSaaSを利用するユーザー企業は、5月7日から「Custom Audiences」などのFacebookの広告機能をIBMの分析や設計機能を利用できるようになる。

 ユーザー企業は、Facebookの広告をIBMのマーケティングツール「Journey Analytics」と併用することで、どの顧客グループがFacebookの14億4000万人のユーザーの中に属しているかを特定し、その顧客グループの関心対象と複数のチャネルを通じた行動との間の全体的な関連性を導き出せるようになるとした。

 また、Facebookで成功したキャンペーンを店舗内、ウェブサイト、モバイル、アプリなどのチャネルでも再現することで、接続手段を問わず、顧客の関心をとらえることができるようになり、より優れた広告効果が見込めるとアピールした。

 例えば、ランニング用グッズの新しい商品の販売を開始した小売業者は、Custom Audiencesと顧客特定サービスを活用し、長距離ランニングに関心を持つ顧客グループを分類できる。そして、対象となる顧客のランニンググッズの好みに関する集約された洞察を収集したり、場所に基づいて、そのトレーニング環境の気候に適したウェアを提案できるという。

 Facebookは「IBM Commerce THINKLab」と呼ばれる取り組みに参加する最初の企業になることも併せて発表した。THINKLabとは、世界的な製品やサービスを提供する企業と直接協業することで、顧客体験をパーソナライズ化するための新技術の開発を推進する、新しい研究や協業環境のことだという。IBMの研究者、Facebookの専門家、ドメイン専門家、設計者、その他のパートナーが顧客と協業することにより、ニーズがある領域を特定できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]