IBMとFacebookが提携--パーソナライズ化した広告の精度を向上

山田竜司 (編集部) 2015年05月08日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間の5月6日、マーケティング領域でのFacebookとの協業を発表した。世界的なブランドで製品や サービスを提供する企業向けにマーケティング機能を提供する。。IBMのマーケティングツールにより、Facebook広告の精度を上げられるという。

 IBMのマーケティング向けSaaSを利用するユーザー企業は、5月7日から「Custom Audiences」などのFacebookの広告機能をIBMの分析や設計機能を利用できるようになる。

 ユーザー企業は、Facebookの広告をIBMのマーケティングツール「Journey Analytics」と併用することで、どの顧客グループがFacebookの14億4000万人のユーザーの中に属しているかを特定し、その顧客グループの関心対象と複数のチャネルを通じた行動との間の全体的な関連性を導き出せるようになるとした。

 また、Facebookで成功したキャンペーンを店舗内、ウェブサイト、モバイル、アプリなどのチャネルでも再現することで、接続手段を問わず、顧客の関心をとらえることができるようになり、より優れた広告効果が見込めるとアピールした。

 例えば、ランニング用グッズの新しい商品の販売を開始した小売業者は、Custom Audiencesと顧客特定サービスを活用し、長距離ランニングに関心を持つ顧客グループを分類できる。そして、対象となる顧客のランニンググッズの好みに関する集約された洞察を収集したり、場所に基づいて、そのトレーニング環境の気候に適したウェアを提案できるという。

 Facebookは「IBM Commerce THINKLab」と呼ばれる取り組みに参加する最初の企業になることも併せて発表した。THINKLabとは、世界的な製品やサービスを提供する企業と直接協業することで、顧客体験をパーソナライズ化するための新技術の開発を推進する、新しい研究や協業環境のことだという。IBMの研究者、Facebookの専門家、ドメイン専門家、設計者、その他のパートナーが顧客と協業することにより、ニーズがある領域を特定できると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算