シスコ、コミュニケーションプラットフォームのTropoを買収へ

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-08 12:33

 Cisco Systemsは米国時間5月7日、クラウド向けのAPIプラットフォームを提供するTropoを買収すると発表した。

 株式非公開企業であるTropoの買収により、Ciscoは同社がコラボレーションPaaS(Platform-as-a−Service)と呼ぶものを提供するうえでの重要なコンポーネントを手に入れることになる。このサービスとしてのコラボレーションプラットフォームによってCiscoの顧客は、大々的な開発作業を実施せずにコミュニケーションサービスを構築できるようになるはずだ。

 TropoのAPIは20万人以上の開発者によって利用されている。Ciscoの目的は同社の開発者ネットワークやエコシステムの拡充により、アプリケーションプロバイダーになるとともに、クラウドコラボレーション企業への道を歩むことだ。Tropoのプラットフォームは通話やSMSの機能を提供している。

 今回の買収により、CiscoはTwilioと直接競合することになる。

 従来、Ciscoのソフトウェアは同社のハードウェアやシステムを動かすのに使われてきた。Ciscoはこの方針を転換し、ハードウェアに関係なく自社ソフトウェアをライセンス販売できるようにしてきている。

 買収の条件は非公開。CiscoはTropoのエコシステムを構築するとともに、新たな機能やサポートを追加すると約束している。

 Tropoのビジネスモデルは、無料のサービス、有償の製品利用、企業向け価格体系が中心となっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]