編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

パソナと日本マイクロソフト、派遣社員のテレワーク推進に向け協力

NO BUDGET

2015-05-12 08:03

 パソナと日本マイクロソフトは5月11日、企業で就業する派遣社員や契約社員の指揮命令や勤怠管理ツールにICTを活用することで、テレワークなどを利用した柔軟な働き方の導入を推進するため、協力すると発表した。

 パソナは日本マイクロソフトの協力によりテレワーク労務管理ツールとサービスを提供し、ICTを活用して、企業で就業する派遣社員や契約社員のテレワーク等の導入を促進させる。

 パソナでは、テレワークに最適な業務環境を導入することで、さまざまな人材が個々の能力を最大限に発揮し、働く場所を問わず、ワーカー同士がつながって高い業務成果を生み出す働き方「リンクワークスタイル」を提唱。多様な人材が活躍できる環境整備と労働生産性の向上を支援する。

 一方の日本マイクロソフトは、パソナの推進する、派遣社員や契約社員など企業内で働く時間管理労働者のテレワーク、リンクワークスタイルの推進を、ITおよびクラウドベンダーとして支援、協力する。具体的には、パソナが派遣社員や契約社員など企業内で働く時間管理労働者のテレワークの労務管理を可能にする「労務管理ツール」を提供し、導入のための環境構築や運営に関わる各種課題を加味したコンサルティングサービスを提供する。

 両社は、この取り組みにより、これまで育児や介護、家庭環境によって働くことが困難だった方々に「テレワーク型派遣」を拡大することで、個人のライフスタイルにあった働き方の実現と、さらなる雇用機会の拡大を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]