編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Macで業務をより快適に--おすすめアプリ10選

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-05-14 06:30

 Appleの新たな戦場はエンタープライズ市場であり、その主な武器は「iPhone」と「iPad」だ。Good Technologyの発表したレポート「Mobility Index」によれば、Appleはスマートフォン分野でも、タブレット分野でも、アクティベートされたデバイス数で首位となっている。

 しかし、エンタープライズ市場でのAppleの成長は、モバイルデバイスに限られているわけではない。

 かつてはクリエイティブな業種でだけ使われていたMacは、ビジネスの世界でも地歩を固めつつある。多くの一般的に使われるビジネスソフトウェアは、Macでも互換性のあるソフトが利用できるため、あらゆるプロフェッショナルが生産性を犠牲にせずにAppleの提供するユーザー体験を得ることができるようになっている。

 Mac用の「App Store」を使えば、ユーザーはさまざまなツールやサービスに簡単にアクセスできる。この記事では、必要に応じてMacをビジネスマシンに変えるのに役立つ10のアプリケーションを紹介する。

1.Alfred

 あなたがキーボードの効率性を重視し、マウスやトラックパッドに触れる回数を最小限に切り詰めたいと考えているタイプのユーザーなら、「Alfred」はあなた向きのアプリかもしれない。このアプリを使えば、素早くアプリやファイルを開いたり、ウェブを検索したり、カスタムワークフローを作成したりすることができる。また、Alfredは「Dropbox」といったアプリを使って設定の同期を取ることができるため、仕事に必要なファイルにアクセスしやすい。Alfredのダウンロードは無料で、オプションの「Powerpack」に17ポンドでアップグレードできる。

2.Evernote

 ほとんどどんなプラットフォームでも使える、歴史のあるメモアプリと言えば、「Evernote」だろう。このツールは、メモやリストを作成できるほかに、情報の整理にも使える。ウェブの記事からの切り抜きや、手書きのメモなどを保存しておき、後からアクセスすることもできる。このアプリの料金は何段階か用意されているが、最も安く使えるのは無料バージョンだ。

3.Postbox

 「Postbox」は、Macの標準的なメールアプリの代わりとして、よい選択肢になり得る。このアプリはPOPやIMAPの電子メールサービスプロバイダを統合でき、電子メールにタグをつけて整理しやすくすることもできる。そのほかの便利な機能としては、「Quick Reply」(クイック返信)を送信する機能や、Dropboxのリンクをドラッグアンドドロップして、大きなファイルを素早く送る機能などがある。Postboxの価格は15ドルだが、30日間は無料で試用できる。

4.Pixelmator

 デスクトップで手早く画像を編集する必要があるなら、「Pixelmator」を使うのがいいだろう。このアプリは、iPad版と継ぎ目なく連携可能で、デスクトップで画像の編集作業を始めて、iPadで完成させるといったこともできる。このツールには、レイヤ、色補正、テキストや図形の追加など、標準的な編集ツールはすべて用意されている。Mac用のPixelmatorの価格は29.99ドルだ。

5.Fantastical 2

 大成功したカレンダーアプリ「Fantastical」の新バージョンがこの「Fantastical 2」だ。ミニウィンドウ表示を使えば、メニューバーから簡単にカレンダーを見ることができるし、既存のカレンダーアカウント(iCloud、Google、Yahoo、およびその他のCalDAVを利用しているアカウント)との同期機能もある。Fantasticalの価格はやや高めで、39.99ドルだ。

提供:CNET
提供:CNET

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]