マイクロソフト、「Dynamics CRM Online」のアップデートを提供

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-13 12:43

 Microsoftが「Dynamics CRM」の春のリリース「CRM 2015 Update 1」(開発コード名:「Carina」)と「Dynamics Marketing 2015 Update 1(同「Spica」)」の一般提供を開始した。

 春のCRMアップデートは「CRM Online」ユーザーのみに向けたものとなる。Microsoftはこのリリースで導入した機能の一部を年末までにオンプレミスのCRM顧客にも提供する計画だ。

 CRM 2015 Update 1の新機能としては、「Outlook」内でのレコードの発見やナビゲーションを容易にする新しいOutlook向けアプリ、「OneNote」の埋め込み、Dynamics CRM内で直接「Excel」を利用できる機能などがある。また、再設計したモバイルアプリ「CRM for phones」(「iPhone」「Android」「Windows Phone」向け)も加わっている。

 「Dynamics Marketing」では、新しい電子メールマーケティング、リード管理、キャンペーン管理の強化などの機能があり、全体の性能と管理も改善したという。

 Microsoftはこれらの春のリリースの一部として、ライセンス面でも変更を加えている

 Microsoftの幹部は先週、2014年1月に買収したカスタマーケア製品ベンダーのParatureの統合を完了したことを明らかにした。これにより、Paratureのナレッジベース技術に基づく「Integrated Knowledge Management」はDynamics CRM Onlineのケース管理インターフェースの一部となった。Paratuteのナレッジマネジメント機能は、ウェブポータルとして「CRM Online Essentital」以上の顧客全てにも提供される予定だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]