編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

2015年のIT市場、景気が回復基調でも伸びず:IDC予測

山田竜司 (編集部)

2015-05-14 07:30

 IDC Japanは5月13日、2015~2019年の国内製品別IT市場の予測を発表した。国内IT市場をハードウェア、ITサービス、パッケージソフトウェアに分類すると、国内ハードウェア市場は、前年比4.0%減の6兆5508億円、国内ITサービス市場は同比1.9%増の5兆2827億円、国内パッケージソフトウェア市場は同比3.9%増の2兆8100億円とみる。

 国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2015年の市場規模は前年比成長率は1.2%減の25兆3700億円とした。

 2015年は、前年の国内IT市場の成長を押し上げたPC市場が大幅なマイナス成長となるものの、スマートフォン市場が高い成長率を見込むことで相殺され、0.5%のマイナス成長にとどまるとした。

 国内IT市場の2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は1.1%、国内ICT市場のCAGRは0.1%減と予測している。2019年の国内IT市場規模は15兆5355億円、国内ICT市場規模は25兆5551億円と予測。

 クラウドやモバイル、ソーシャルなどの“第3のプラットフォーム”における2013~2018年のCAGRは5.0%、クライアント/サーバシステムを指す第2のプラットフォーム市場は2.6%減と予測している。

 2015年は、景気が回復基調にあるにもかかわらず、国内IT市場成長率は微減を予測し、国内企業の景況感もまだ本格的に上向いておらず、多くの企業ではIT支出増に結びついていないと説明。今後企業の本格的な事業成長をもたらすには、第3のプラットフォームの戦略的活用など、従来とは異なるICTの活用が重要となると分析している。


2014~2019年 国内製品別IT市場実績と予測(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]