甚大な被害をもたらしたネパール地震--救助と復旧を支援するIT

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-05-16 07:30

NASAの心拍検出装置

 米航空宇宙局(NASA)によるこの捜索救助技術によって、がれきの下10フィート(約3m)に埋もれていた生存者が発見された。この装置は「Finding Individuals for Disaster and Emergency Response(FINDER)」(災害・緊急対応個人捜索装置)と呼ばれており、がれきの下30フィート(約9m)に閉じ込められた生存者の心拍や呼吸を検出する。さらに、開けた場所では100フィート(約30m)の距離、コンクリート壁では20フィート(約6m)を隔てた反対側にいる生存者を見つけることができる。このマイクロ波レーダー技術は、5フィート(約1.5m)の精度で生存者のおおよその位置を特定できる。

NASAの心拍検出装置

 米航空宇宙局(NASA)によるこの捜索救助技術によって、がれきの下10フィート(約3m)に埋もれていた生存者が発見された。この装置は「Finding Individuals for Disaster and Emergency Response(FINDER)」(災害・緊急対応個人捜索装置)と呼ばれており、がれきの下30フィート(約9m)に閉じ込められた生存者の心拍や呼吸を検出する。さらに、開けた場所では100フィート(約30m)の距離、コンクリート壁では20フィート(約6m)を隔てた反対側にいる生存者を見つけることができる。このマイクロ波レーダー技術は、5フィート(約1.5m)の精度で生存者のおおよその位置を特定できる。

提供:NASA

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]