編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

オラクルとミランティスが提携--OpenStack上でのデータベースプロビジョニングを容易に

Toby Wolpe (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-18 13:10

 Oracleと、OpenStack関連のソフトウェアやサービスを手がける企業Mirantisは米国時間5月15日、OpenStackをベースにしたプライベートクラウド上で「Oracle Database 12c」をより容易に、かつ迅速に設定できるようにするために提携したことを発表した。

 Oracleによると、Oracle Database 12cと「Oracle Multitenant」が同社のアプリケーションとして初めて、OpenStackのアプリケーションカタログ「Murano」に登録されることで、これら製品のOpenStackとの深い統合が示されているという。

 両社によると、近々リリースされる「Mirantis OpenStack 6.1」で利用可能となる、この統合に向けた取り組みの成果により、開発者はOpenStackから「Oracle Solaris」上の「プラガブルデータベース」(PDB)のプロビジョニングができるようになるとともに、アプリケーションはOpenStack内で新しい、あるいは既存のPDBにアクセスできるようになるという。

 さらにOpenStackアプリケーションは、Oracleのソフトウェア・イン・シリコン(Software in Silicon)テクノロジの持つセキュリティ機能とパフォーマンス機能も利用可能になる。なお、このテクノロジは近々登場する「SPARC M7」プロセッサ上で稼働するOracle SolarisのOracle Database 12cをベースにしたシステムで提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]