「Windows 10」を動かすために必要なもの - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-05-21 06:30

 Microsoftはこれらの記号が何を意味するかを次のように説明している

  • PAEによって 、対応するバージョンのWindowsでは、32ビットプロセッサが4Gバイトを超える物理メモリにアクセスできるようになります。このことはNXの前提条件です。
  • NXにより、プロセッサを利用して悪意のあるソフトウェアによる攻撃からPCを保護することができます。
  • SSE2は、サードパーティーのアプリやドライバでよく使用されるようになってきたプロセッサの命令セットです。

 これらの機能について、さらに技術的な詳細が知りたければ、PAE/NX/SSE2のサポート要件に関するページを参照してほしい。

新しいPCについては?

 新しいハードウェアに関しては、Windows 10を搭載して出荷されるOEM製品は次のようなものになると予想できる。以下は、MicrosoftがWinHEC 2015で示したプレゼンテーションからの抜粋だ(※クリックすると拡大画像が見られます)。

アップグレード

 Microsoftは、どのバージョンのWindows 10にアップグレードできるかを分かりやすく示すために、アップグレード対応表を提供している。次の図を見てほしい。


提供:Microsoft

プロセッサが要件を満たしているか確認するには

 では、利用しているプロセッサが前掲の機能をすべてサポートしているかどうかを確認するには、どうすればいいだろうか。いくつかの方法がある。

  • Windows 8/8.1アップグレードアシスタントをダウンロードして実行する。ハードウェアが要件を満たしていなければ、その旨が表示されるので、大きなファイルをダウンロードする必要はなくなる。
  • Windows 8/8.1をインストールしてみる。うまくいかなければ、インストーラが知らせてくれるので、それ以上悩む必要はない。
  • 「CPU-Z」と呼ばれる便利なユーティリティをダウンロードして実行する。以下の図を見て、SEE2EM64T(これはそのプロセッサがPAEをサポートしていることを示している)、およびVT-dまたはVT-xという文字列が表示されていれば、Windows 10を利用可能だ。

  • CPU-Z
  • CPU Worldのページに掲載されているリストを調べて、利用しているCPUが該当しているか手動でチェックする。CPUがNXをサポートしていれば、そのプロセッサの機能ページに「NX / XD / Execute disable bit」と掲載されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]