編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

アース製薬、情報活用基盤を刷新

山田竜司 (編集部)

2015-05-26 18:08

 アース製薬は、グループ全体となる1500人の情報活用基盤の刷新を進めている。アシストが5月26日に発表した。

 これまでアース製薬では、分析やレポーティング用のビジネスインテリジェンス(BI)基盤「WebFOCUS」を導入し、業務用途に応じてBIツールを使い分けながら情報活用を推進してきた。

 WebFOCUSを導入したのは2010年。販売実績の参照、店舗マスタや営業活動報告の検索、ウェブサーバのアクセスログ集計などに利用してきた。

 データへのアクセスや抽出環境が整備され、現場にBIが浸透したのを受け、さらにデータ活用を目指すシステムへの刷新を企画した。

 具体的にはシステムの利用ユーザーが国内全子会社に拡大すること、中国やタイの海外子会社にもグローバル展開することから、BIツールの統合を決定し、グループ全体の情報活用の基盤としてWebFOCUSを採用したという。

 今回は、データ活用のスピードを上げるためのインフラを再構築し、生産、原価なども網羅する情報活用の基盤構築を目指す。

 新システムでは、既存の帳票は一部を残してすべてWebFOCUSにリプレースし、今後の新たな帳票の開発も担う方針であるという。

 採用の理由として「必要なデータを指定するだけで集計、分析結果を取得可能」「独自のレポートを直感的な操作で作成でき、内製化を確立できる」「ライセンス体系がユーザー数に依存せずグループ会社間でも利用可能」「海外も含めた大規模展開の要件を満たすアーキテクチャ」などを挙げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]