モノのインターネットの衝撃

イノベーションに計画はいらない--MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏 - (page 2)

山田竜司 (編集部)

2015-06-08 07:00

市民科学の取り組みが進展していくには

 こうした市民科学の取り組みは今後発展していくのだろうか。

 伊藤氏は「市民科学の取り組みを発展させるにはメディアがきちんと(取り組みに関して)話を聞いてレコードすることが重要。また、政府が市民科学(の有用性や成果)を認めること。一部では認められてきていると感じるているので、取り組みを継続させる」と説明する。

 Safecastでは放射線量のデータを取得した結果やプロセスなどを明らかにした上で、データを出すことだけに注力し、そこにイデオロギーや主張は入れなかった。これはなぜか。

 「客観的であることが政府やメディアには一番わかりやすい。感情的な意見や取り組みはインターフェイスしづらい。(反原発など)感情的な団体だと政府の出したより取り組みや都合の悪いデータには言及しないケースもあるが、われわれは(発表者に関係なく)有用なものは発表、採用している。データを利用、公表する上でメディアの(ジャーナリズムのような)ルールや冷静な倫理感をもっていることが重要」とした。

 これはデータを扱う仕事や業務にも当てはまる考え方とも言える。 「(より公平さを求めデータの信頼を得るには)データを出す部門、データを分析、解釈するセクションを分け、分析を第三者に委ねたほうが客観性が高い結果が得られることもある。例えば市民科学では、データの解釈は大学などが担当してもいい。そうしたデータの客観性を上げるためのアーキテクチャをきちんと作っていく必要がある」


Safecastが作成した放射線の強弱が分かる地図(Safecast 提供)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]