好調の日本株に急落のリスクはないか--その2

ZDNet Japan Staff 2015年05月29日 10時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月28日の日経平均株価は、78円高の2万551円だった。ついに、10営業日連続の上昇となった。一時1ドル124円台まで円安が進んだことを受けて、円安メリット株である自動車・タイヤ株が買われた。

 また、大手銀行や大手損保株の値上がりも目立った。3メガ銀行や大手損保では、海外事業の利益拡大が続いている。

 円安によって海外事業の利益がさらに膨らむ期待が生じた。

 今日も、昨日に引き続き、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏が、日本株および世界の株式市場に潜むリスクについて解説する。

メインシナリオでは日本株急落のリスクは低い

 日本の景気は、これから回復色が強まると考えられる。原油安・円安の恩恵が日本企業の業績を押し上げる。原油安の恩恵で、日本の貿易収支は、黒字転換が見えている。日本経済は、原油安という大きなボーナスをもらった状態だ。

 円安による、業績の押し上げ効果も期待できる。たとえば、トヨタ自動車(7203)は1ドル115円を前提に今期(2016年3月期)の業績予想をたてて公表しているが、1ドルにつき1円円安になると、年間で500億円利益が上ぶれする。

 仮に、現時点の為替レート(1ドル124円)が1年間続くと仮定すると、トヨタ自動車(7203)の利益は、4500億円も上ぶれすることになる。円安は内需にも好影響を及ぼしている。インバウンド(訪日外国人の買い物)需要の拡大、設備投資の国内回帰などの好影響が出ている。

 内需・外需そろって回復トレンドに入っていることから、バランスの取れた景気回復になりそうだ。消費・設備投資の回復が見込まれることに加え、輸出増加と輸入減少が、これから日本のGDPをさらに拡大させる要因となりそうだ。

 日本企業が、増配や自社株買いなど株主への利益配分に積極的になりつつあることも、株価の上昇に寄与している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算