編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

セールスフォース、「Wave for Big Data」を発表--エコシステムも拡大

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-29 10:55

 Salesforceは米国時間5月28日、「Wave for Big Data」を発表した。合わせてGoogle、Cloudera、Hortonworks、Informatics、Trifecta、New Relicとの提携も発表した。

 Salesforceは将来の成長にあたって、自社の「Analytics Cloud」を活用してさらなる法人顧客の獲得を図っていく戦略だ。

 Waveエコシステムにビックデータベンダーを加えることで、「Analytics Cloud」が接続するデータレポジトリを拡大できる。

 SalesforceはAnalytics Cloudで、企業の構造化データ、非構造化データ、Hadoopレポジトリと接続し、さらに同製品を営業、サービス、マーケティングなどの分野にも拡大する狙いだ。

 Googleは自社の「Cloud Platform」とWaveを接続することで、クリックストリームとアプリ利用に関するデータを顧客情報に結びつけることができるとしている。Waveは接続されたデバイスのようなものから幅広い層にデータをもたらす潜在性がある、とGoogleのクラウドエコシステム担当ディレクターAdam Massey氏は語っている。

 ClouderaとHortonworksも、Waveとの接続を提供する。New Relicも自社のソフトウェア分析プラットフォームをWaveと接続する。InformaticaとTrifactaはデータとバックエンドの業務システムとの間の橋渡しをする。

 これら提携企業は、Waveはビックデータのフロントエンドおよびアグリゲータとして利用できるとしている。Salesforceによると、Analytics Cloudエコシステムに参加する企業は80社以上に及ぶという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]