編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「Apache Cordova」に深刻な脆弱性--「Android」アプリに改ざんのおそれ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-29 12:58

 「Android」向けアプリの開発に使われるデバイスAPIに深刻な脆弱性が発見された。

 Apache Software Foundationが開発した「Apache Cordova」はデバイスAPIのツールキットだ。モバイルアプリ開発者はこれを利用して、カメラや加速度計などのネイティブなデバイス機能にJavaScriptからアクセスしている。

 Apacheは今週公開したセキュリティ情報で、Apache Cordova Androidに「重要な」セキュリティ不具合が見つかったことを認めた。

 この脆弱性は、不正なリンクをクリックすると、攻撃者がリモートからの攻撃によってAndroidアプリの動作を改ざんすることを可能にしてしまうというもので、TrendMicro Mobile Threat Research Team (TRT)が発見した。好ましくないダイアログがアプリに表示されたり、アプリが強制終了したりするおそれがあるという。

 この脆弱性(CVE-2015-1835)を悪用するには、特定の条件を満たすことが必要だ。しかしTRTによると、この条件は開発者による通常の手法で満たされることが多いため、この脆弱性が悪用される可能性は極めて高いという。

 TRTは、Cordovaベースのアプリ(「Google Play」で提供されている全アプリの5.6%を占める)の大半に、攻撃を受けるおそれがあると強調している。

 Apacheは、このセキュリティ不具合を修正したApache Cordova Android 4.0.2をリリースし、Cordovaの4.0.x以降を使って構築された全てのAndroidアプリについて、バージョン4.0.2を使用するようアップグレードを推奨している。さらに古いバージョンを利用している開発者向けには、脆弱性が修正されたバージョン3.7.2がリリースされた。Apacheによると、「iOS」など他のプラットフォームは今回の脆弱性の影響を受けないという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]