編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Apache Cordova」に深刻な脆弱性--「Android」アプリに改ざんのおそれ

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-29 12:58

 「Android」向けアプリの開発に使われるデバイスAPIに深刻な脆弱性が発見された。

 Apache Software Foundationが開発した「Apache Cordova」はデバイスAPIのツールキットだ。モバイルアプリ開発者はこれを利用して、カメラや加速度計などのネイティブなデバイス機能にJavaScriptからアクセスしている。

 Apacheは今週公開したセキュリティ情報で、Apache Cordova Androidに「重要な」セキュリティ不具合が見つかったことを認めた。

 この脆弱性は、不正なリンクをクリックすると、攻撃者がリモートからの攻撃によってAndroidアプリの動作を改ざんすることを可能にしてしまうというもので、TrendMicro Mobile Threat Research Team (TRT)が発見した。好ましくないダイアログがアプリに表示されたり、アプリが強制終了したりするおそれがあるという。

 この脆弱性(CVE-2015-1835)を悪用するには、特定の条件を満たすことが必要だ。しかしTRTによると、この条件は開発者による通常の手法で満たされることが多いため、この脆弱性が悪用される可能性は極めて高いという。

 TRTは、Cordovaベースのアプリ(「Google Play」で提供されている全アプリの5.6%を占める)の大半に、攻撃を受けるおそれがあると強調している。

 Apacheは、このセキュリティ不具合を修正したApache Cordova Android 4.0.2をリリースし、Cordovaの4.0.x以降を使って構築された全てのAndroidアプリについて、バージョン4.0.2を使用するようアップグレードを推奨している。さらに古いバージョンを利用している開発者向けには、脆弱性が修正されたバージョン3.7.2がリリースされた。Apacheによると、「iOS」など他のプラットフォームは今回の脆弱性の影響を受けないという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]