編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

MS、「Skype WiFi」を改称した新サービス「Microsoft Wi-Fi」を準備中

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-03 11:19

 Microsoftは「Skype WiFi」サービスをアップデートし、名称を変更したバージョンの公開準備を進めている。

 「Microsoft Wi-Fi」について広報担当者にコメントを求めたところ、「Microsoftが手軽に利用可能なWi-Fiを多くのユーザーに提供するMicrosoft Wi-Fiという新サービスの開発に取り組んでいるのは事実だ。われわれは追加の詳細が明らかになり次第、発表を行う予定で、それを楽しみにしている」という回答が返ってきた。

 Skype WiFiは、「Skype Credits」で利用料金を支払って、世界中のさまざまな公共Wi-Fiスポットに接続することができる機能をユーザーに提供するMicrosoftの現行サービスだ。

 Microsoftは、Microsoft Wi-Fiの消費者向けサービスと法人向けサービスに関する新しい情報ページを約24時間公開したが、その後、アクセスを遮断した。

 「microsoftwifi.com/business」サイトに掲載された情報によると、法人向けサービスはMicrosoftの「Office 365 Enterprise」利用者向けに提供される予定だという。同サービスは世界中で利用可能で、「1000万以上」のWi-Fiホットスポットが含まれる。

 サイトによると、MicrosoftはMicrosoft Wi-Fiの消費者向けサービスの開発にも取り組んでおり、「『Microsoft Work & Play』バンドルまたは『Surface 2』とSkype WiFiのバンドルを通して」Skype WiFiのアクティブユーザーに提供する予定だという。さらに、Office 365 for Enterprise利用者と、Microsoft Wi-Fiに関する特別なプロモーションコードをMicrosoftから受け取った顧客にも同サービスを提供する計画だという。

 MicrosoftはMicrosoft Wi-Fiアプリの準備も進めており、「Windows」「Android」「Mac OS X」「iOS」「Windows Phone」のユーザーに空港やホテル、レストランなどの公共の場所で同サービスにアクセスできる機能を提供する予定だ。

 Microsoftは先頃、Skypeをめぐる商標争いでSkyに敗れた(Microsoftは「SkyDrive」をめぐる同様の商標争いでもSkyに敗れ、それを受けてSkyDriveの名称を「OneDrive」に変更している)。Microsoft関係者は、名称を変更するよりも、Skyに使用料を支払ってSkypeという名前を今後も使い続けると述べてきた。

 しかし、筆者の聞いた話では、MicrosoftがSkype WiFiの名称を変更する理由はSkyよりも、同社の「One Microsoft」戦略と関係がある可能性が高いという。Microsoftは「Azure」や「Surface」といった独立した名称ではなくMicrosoftのブランドの一部であることを強調するため、いくつかの製品やサービスの名前を変更している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]