スマートマシン時代の到来

五感を刺激、拡張するテクノロジ - (page 3)

林 雅之

2015-06-12 07:00

 Oculus Riftの対抗馬となるのが、視線入力デバイスの「FOVE(フォーブ)」で、2016年初頭に400ドル~500ドルでの発売を予定している。


出所:FOVEホームページ
http://www.getfove.com/

 FOVEは、視線を追跡することができるアイトラッキング機能を備えており、視線による画面操作やタイピングなどが可能となる。

 2014年12月には、筑波大学附属桐が丘特別支援学校との共同プロジェクト「Eye Play the Piano」において、演奏者がFOVEを使い、視線の動きだけでピアノ曲をひく、世界初のコンサートが行われた。


出所:Eye Play the Piano
http://eyeplaythepiano.com/

 FOVEは、たとえば、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など手足が不自由な患者が、視線を動かすことで、さまざまな操作が可能な支援デバイスとしての活用など、福祉や医療や介護などの分野での活用が期待されている。

聴覚と音声で情報をコントロール

 Woax(ウォークス)は、スマートフォンを使うことなく、音声のコントロールのみで、電話やメッセージ機能や、天気や交通、イベントなどの情報を得ることができる。また、WoaxのみでSNSへの音声投稿や音声によるウェブ検索も可能だ。


出所:WOAX
http://woax.com/

出所:WOAX
http://woax.com/

 これまで、スマートフォンを操作して連絡や情報収集していたものが、音声と聴覚のみで活用できるようになれば、高齢者向けのサービスや、同時通訳、医療や介護、健康、教育など、さまざまな分野での活用が期待される。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]