編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MongoDB、BI指向の新機能を発表--次期バージョンに搭載へ

Doug Henschen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-03 12:44

 MongoDBは、米国時間6月1日から2日にかけてニューヨークで開催したイベント「MongoDB World 2015」で数多くの新機能を発表した。

 以下は、こうした新機能の内容だ。これらは2015年の夏にベータ版のリリースが予定されており、同年中に「MongoDB 3.2」として一般提供が開始される予定だ。

  • ビジネスインテリジェンス(BI)用コネクタ:これによってSQLによるアクセスが可能になるため、「Tableau」やQlikの製品、IBMの「Cognos」「SAP BusinessObjects」といったBIツールによる、MongoDB内のデータの可視化や分析への道が開かれる。なお、こういったアクセスはMongoDBの「Aggregation Framework」を介して行われる、つまり読み込み専用(読み書きではない)のクエリとなるため、その目的は分析に限定される。
  • 動的な検索:これもBIを念頭に置いた機能であり、MongoDBのコレクションをまたがった結合をサポートする。この機能はAggregation Frameworkの一部として提供される。
  • 格納データの暗号化:ヘルスケアや金融サービス、小売業、政府機関といった分野に主眼を置いたこの機能は、Key Management Interoperability Protocol(KMIP)に従って保管されている暗号鍵を用いた、格納データの暗号化を実現する。
  • ドキュメントの検証:この機能により、データの型や値、入力必須項目などを検証するルールを適用できるようになる。同機能の選択は自由であるため、データの検証は必須ではないが、1つあるいはそれ以上のフィールドに適用することでデータの品質や一貫性を強制できるようになる。
  • スキーマの可視化:「mongoScout」という開発コード名が付けられたこのグラフィックインターフェースにより、ドキュメント構造やコレクション全体を視覚的に表示する手段が開発者やデータベース管理者に与えられる。このため、利用できるデータフィールドや、それらフィールドを持つドキュメントの割合を容易に把握できるようになる。

MongoDB World 2015で講演するMongo DBの最高経営責任者(CEO)、Dev Ittycheria氏
提供:Constellation Research

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]