ベトナムでビジネスをする

事業進出先としてタイはベトナムより好条件か - (page 2)

古川浩規(インフォクラスター) 2015年06月07日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

タイはベトナムよりも良い条件がそろっているのか

 ベトナムで事業を展開していると、その国家体制が日本とは大きく異なるため戸惑うことも少なくありません。その点タイは、日系企業がより古くから進出し、タイ王室と日本の皇室の親密度に代表されるように、国家体制も日本と似通っており、日系企業にとってより良い事業環境がそろっているのではないかと考えていました。


日本でもよく知られているようにタイでは王室が敬愛されている。街中だけではなく、指折りの名門理工系大学であるキングモンクット工科大学トンブリ校といったところでも、王室の誕生日をお祝いするために肖像画を掲げる(写真は現国王の王女の一人、シリトーン王女)

 しかし、今回の訪タイで話を聞いてみると、必ずしもそうとは言い切れないのではないかと感じました。

 例えば法整備について、ベトナムでは段階的に外資系企業に対する規制を緩和してきていますが、タイでも外資系企業に対する制約は大差がないように感じました。お目にかかった幾人かの事業家の方からは、在タイの日系企業であっても外資系企業であることに変わりはないため、その活動については各種の制約が生じてくるという困りごとを耳にしました。

 また、法令自体も十分整備されているとは言えないようです。ベトナムでも法律の施行時に各種下位命令の整備が十分ではない場合もあるため、外資系企業にとっても悩みの種となっていますが、タイでも程度の違いこそあれ、その状況は似通っているように感じました。

 特に、2014年に起こった軍事クーデター以降、軍事政権が法令上の解釈を厳格に行うようになり、法令未整備の対象においても、これまで問題がなかった行為に対する当局の解釈変更によって対応を変えざるを得なくなるという事態も散見されるようです。


タイの最高学府であるチュラロンコーン大学。元はタイ王室立ということもありその権威はタイでも随一。キャンパスもバンコクの中心街に広大な敷地を持ち、学内には巡回バスが4ルートもある。ここまで広大な敷地を持つ単一の高等教育機関は、現在のところベトナムにはない。

 一方、各種コストについては、進出する企業の業務形態次第でトータルコストとして進出メリットがあるかどうかの判断が分かれるのではないでしょうか。

 市中の物価を日本と比較した場合、体感的にはベトナムは1/7程度、タイは1/3程度です。平均賃金もこれを反映しているようで、(独)日本貿易振興機構(JETRO)のデータでも、ベトナムでの平均賃金は各職階においてタイの1/2程度のようです。

 そうなると、より労働集約度合いの強い産業はベトナムを指向することになります。実際、ベトナムでは軽工業寄りの企業が、タイでは重工業寄りの企業が進出してきているように感じました。

 ただし、タイではすでに日系企業間であってもサプライチェーンが確立されている雰囲気も感じられ、これからタイへ進出し、現地で日系企業のサプライチェーンに参画しようとすることは容易ではないでしょう。一方で、ベトナムにおいても「大手は一通り出尽くした。後はSupporting Industryとしてどれだけの日系中小企業の進出があるか」という段階に来ていますので、現地で日系サプライチェーンに参画するチャンスはベトナムの方が有望だと感じます。

IT産業育成の動きを耳にしない

 それではIT産業についてはどうでしょうか。残念ながらバンコクで質問をさせていただいた方々からは、タイへのオフショア開発に新味があるということも含め、タイのIT産業の優位性を伺うことはできませんでした。個別の事例として日系企業がバンコクでオフショア拠点を開設したというケースを紹介されることはありましたが、ベトナムのように国策としてIT産業を育成するという動きは耳にすることはありませんでした。

 これは大学における高等教育についても同じようです。タイでは、第10次経済社会開発計画などで、人口1万人あたりのR&D人口を10人に増加させることを目指し、大学の基盤整備などを掲げて高等教育の経済への貢献を期待しています。

 しかしベトナムが国策として、IT産業育成の一環として大学でITエンジニア養成を進めているように、タイの大学で産業振興策を背景としたある特定の分野の技術者養成を積極的に推進するという取り組みはなされていないようです。

 なお、タイの高等教育に造詣の深い方からは、タイの高等教育がより一層発展することへの期待も聞かれましたが、高等教育情報機関のアジア大学ランキングや、OECD(経済協力開発機構)のPISA(Programme for International Student Assessment)と呼ばれる国際的な学習到達度に関する調査を見てみると、確かに理工系に強い国民性であるとは言えないように思います。

 むしろPISAの結果を見ると、ベトナムとタイの差は非常に大きく、ベトナムの比較優位が際立つという結果にもなっています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]