編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

複数サイロに散在するデータを一元管理--その先に見える可能性とは - (page 3)

怒賀新也 (編集部)

2015-06-10 08:00

 データを一元管理できることは、さらなる拡張性につながるという。例えば、最近話題になっている「APIエコノミー」。多数の小さなアプリケーション機能を集めてAPIでつなぎ合わせ、利用目的を満たす1つのアプリケーションを構築する――この際、アプリケーションを構成する小さな機能ごとにバックアップをするようでは、非常に複雑になってしまう。

 「APIを使ったアプリケーションの管理にも有効」と話すFoster氏。APIを使って構築したアプリケーション単位でバックアップが取れれば、こうしたアプリケーションの管理も楽になる。

 さらに、一元バックアップしているデータのコピーを作成し、それを分析専用データとして位置づけて、マーケティング分析などに取り組むといった利用方法も想定できるとのこと。

 システム環境が複雑化する中で、リスクヘッジとしてのバックアップを効率化しつつ、事業拡大につながるデータ分析につなげられれば、企業にとって意義あるシステム基盤と位置づけることができそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]