クラウドを変革する3つの「C」--IT部門は何に備えるべきか - (page 2)

Jason Perlow (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-06-12 06:15

第2の「C」:コンバージェンス(Convergence)

 ここで筆者が述べようとしているのは、アプリケーションやストレージといったトラフィックのために、10ギガビットイーサネット、あるいはそれ以上の高速通信手段を備えたコンバージドネットワークインフラだ。

 Microsoftのクラウドプラットフォームと「Microsoft Azure Stack」が、会社(あるいは会社が契約しているクラウドプロバイダー)に導入されている場合、NVGRE(Network Virtualization Generic Routing Encapsulation)という仮想ネットワーク技術を導入すれば、スイッチ機器インフラにおけるVLANの4096という物理上限を除去できるとともに、ファイバーチャネルなどのストレージのためにファブリックを分割しなくても済むようになる。

 またNVGREとともに、Cisco Systemsのソフトウェア定義ネットワーク(SDN)である「Application Centric Infrastructure」(ACI)といった、他のベンダーの固有技術を導入し、コンバージドネットワークの統制をより強固なものにすることで、会社(そして会社が契約しているプロバイダー)が使用しているハイパーバイザやクラウドスタックに関係なくコストを低減できるようになる。

 ACIを用いた場合、会社や会社が契約しているプロバイダーは、より近代化されたスイッチインフラ(例えばCiscoの「9000」シリーズ)への移行が必要になるが、このアップグレードによって大幅な容量増と、サービス品質の向上が期待できる。

 NVGREやACIといったテクノロジの登場により、パブリッククラウドにおける「ノイジーネイバー」問題(同一ハードウェア上で稼働している他の仮想マシンの影響を受けてパフォーマンスが低下するという問題)は過去のものとなり、クラウドのサービス品質保証(SLA)は社内のデータセンターインフラで用いられていたものに近づいていくはずだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]