「Hadoop Summit」開催--MapRとPentahoが最新製品を発表

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-10 11:01

 Hortonworksはサンノゼで米国時間6月9日から3日間「Hadoop Summit」を開催している。初日、HadoopディストリビューションベンダーのMapR、日立製作所の米国子会社が買収したPentahoが新製品を発表した。

MapR 5.0

 MapRは最新版「MapR 5.0」を発表した。最新版には「MapR-DB」(MapRのHBase互換オペレーショナルデータベース)とElasticsearchのリアルタイム統合など、リアルタイムレプリケーション機能が導入された。このようなリアルタイム統合機能により、Elasticsearchの検索インデックスはオペレーションが発生するたびに最新のものに保持される。これまでのバッチアップデートプロセスでは検索結果に遅延が生じていたが、これは業務利用では望ましいとはいえなかった。

 リアルタイム機能に加えて、MapR 5.0では規制が厳しい業界向けに監査機能も導入した。監査データ(ユーザーの詳細な利用情報とデータおよびメタデータへの変更を追跡する)はJSON(JavaScript Object Notationd)ログファイルに保存され、JSON互換のさまざまなツールを利用できる。

 注:筆者は、こうしたガバナンス機能の統合などでMapRと提携しているDatameerに勤務している。

Pentaho 5.4

 日立製作所の米国子会社Hitachi Data Systemsが6月4日に買収取引を完了したばかりのPentahoは、「Pentaho 5.4」を発表した。

 最新版では、「Amazon Elastic MapReduce」のサポートにより、クラウドベースのHadoop統合を簡素化した。「SAP HANA」との統合も可能となった。Pentaho Data Integration(PDI)での「Apache Spark」サポートも加わっている。これにより、PDIを利用してSparkジョブのオーケストレーションが可能となる。Pentahoによると、PDIのルック&フィールもアップデートしたとのことだ。さらには、新しいAPIにより、カスタムおよび商用アプリケーションへのBI機能の組み込みソリューションとしても強化した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]