編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ASTERIA WARPに4つの専用アダプタを投入--インフォテリア

NO BUDGET

2015-06-11 11:39

 インフォテリアは6月10日、「ASTERIA WARP」に、4つの専用アダプタのエクスペリメンタルビルド(実験版)を6月に投入すると発表した。ASTERIA製品の技術者向け情報サイト「ASTERIA Developer Network」で提供する。

 ASTERIA WARPは、メインフレームやクラウド上のサーバから表計算ソフトまでの異なるコンピューターシステムのデータを、プログラミングすることなく連携できるミドルウェア。さまざまなシステム間を接続し、データを変換するロジックをコーディングなしで実装できる。

 企業では、多くの異なるデータベースにデータを格納しており、データ活用には各データベース間のデータ連携を実現する専用アダプタが必要になる。インフォテリアは今回、ASTERIA WARPに4つの専用アダプタを投入することで、さまざまなデータソースとの連携機能を強化。ASTERIA WARPの利用範囲を拡大する。

 今回提供される専用アダプタは以下の通り。

AWS Dynamoコンポーネント(6月2日から提供を開始)

 「AWS Dynamo」はAWSがクラウドで提供する分散キーバリュー型データストアである「Dynamo」をベースにしたサービス。データの取得や、AWS Dynamoのテーブルにデータを登録、更新できる。

Tableauコンポーネント(6月9日より提供開始)

 「Tableau」は世界的に成長を続けているというビジュアル型クラウドBIサービス。さまざまなデータを収集し、データを加工、変換した後、Tableau抽出ファイルを作成することができる。

Notes Restコンポーネント(6月16日より提供開始)

 「Notes Rest」はNotesのグループウェア内で提供されている機能をネットワーク上で広く利用してもらうために使われるサービス形式。Notesデータベースからレコードを取得することや、Notesデータベースに対しドキュメントの作成、更新が可能。

HDFSコンポーネント(6月23日より提供開始)

 分散処理システムのHadoopが利用している分散ファイルシステム、HDFSからファイルを取得することや、HDFSにファイルの保存が可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]