編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

6月15日週は引き続き2万円台でもみ合うか

ZDNet Japan Staff

2015-06-15 10:28

 6月8日週の日経平均は、黒田日銀総裁の発言「ここからさらに実効レートが円安に触れることはありそうにない」を受けて、一時122.45円まで円高が進んだ9日に、一時2万16円まで急落した。ただ、日本の景気回復が徐々に鮮明になりつつあることを受けて、週後半は押し目買いが入って反発した。週末の日経平均は2万407円で、1週間で53円下がった。

 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、6月15日週は、引き続き2万円台でもみ合うだろうと話す。

好材料と懸念材料が共存

 好材料と懸念材料が共存しているため、日経平均はもみ合いが続きそうだ。

  • 【好材料】日本の景気回復が鮮明になりつつある
  • 【懸念材料】世界的に金利が上昇、欧米株式が調整、ドル円為替レートが乱高下

日経平均日足:2015年1月4日~6月12日


NYダウ日足:2015年1月21日~6月12日


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]