編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

アマゾン、初の「透明性レポート」をようやく公表

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 (ガリレオ)

2015-06-15 10:06

 Amazonがついに、政府機関から受けたデータ開示要請の件数を明らかにした。

 Amazon Web Services(AWS)最高情報セキュリティ責任者を務めるStephen Schmidt氏が米国時間6月12日遅く、ブログ投稿で同社の長年にわたる沈黙を破った。

 「顧客を守るために公に行動する必要がある場合、われわれはそれを実行する」と、Schmidt氏は述べた。米国家安全保障局(NSA)の「PRISM」極秘監視プログラムを通じて同社がデータの提出を強制されたことを示す証拠が出回っているわけではないが、「当社はPRISMプログラムに関与したことはない」とあえて付け加えた。

 Amazonはオンライン小売事業で最も良く知られているが、同社のクラウドサービスは世界中で多くのアプリやサイト、サービスに利用されている。ただ、今回の情報公開が十分速やかだったとは言えない。「Fortune 500」に名を連ねる大手テクノロジ企業の中で、政府機関から受けた顧客とユーザーに関するデータの開示要請件数を公開したのは同社が最後だ。

 報告書は半年ごとに公開される、とSchmidt氏は述べた。今回の報告書は2015年1月1日から5月31日までの分だ。

 報告書には以下のようなデータが記載されている。

  • 813件の召喚状を受け取り、そのうちの542件に完全に応じた。
  • 25件の捜索令状を受け取り、そのうちの13件に完全に応じた。
  • その他の裁判所命令13件のうち4件に完全に応じた。
  • 米国以外の国から132件の開示要請を受け、そのうちの108件に完全に応じた。
  • 1件の(ユーザーデータなどの)削除要請を受け、これに応じた。

 Amazonは、秘密にされている外国情報活動監視裁判所による命令など、国家安全保障に関する要請を受けた件数は明らかにできないが、0~249件の範囲にあるとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]