海外コメンタリー

IT企業10社のM&A戦略--スタートアップの出口戦略ガイド(後編) - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年06月18日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 「中核的な事業から外れた大型買収を行うことは、エレガントではない。それによって、別々のものを無理に縫い合わせて作った、醜い化け物ができあがってしまう」とBartels氏は言う。

 Appleが買収する企業のタイプは、同社の中核的な製品や戦略を強化する、個別のテクノロジやツールのみに絞られている。Appleは通常、ある事業を買収すると、その事業を終了させ、既存の製品ラインの1つに組み込む。その代表的な例が、2010年にSiriを買収してiOSに組み込んだ事例と、2014年に音楽サービスを取り込むために行われたBeats Electronicsの買収だ。


Appleは2014年、Beats Electronicsを30億ドルで買収した。
提供:Apple

 「Appleは『ボルトオン』と呼ばれるタイプの買収を行う傾向がある。これは、自社が持っていない人材や能力を手に入れるためのものだ。同社は、他にはないもの、真似ができない人材、そして既存の製品ポートフォリオの強化に役立つ知的財産か、同社が特定の市場を開拓または一変させようとするのに役立つ知的財産を手に入れようとする」とAntonelli氏は述べている。

 Appleのエコシステムに組み込みやすい製品を持っているか、既存の中核的な製品に重要な機能を追加できる可能性がある小規模から中規模のスタートアップ企業は、同社に買収される見込みがある。

7.IBM:保守的大企業

 多くの大手古参テクノロジ企業と同じく、IBMもいわゆるSMAC(ソーシャル、モバイル、分析、クラウド)スタックが生み出しつつある新たな市場で足下を固めるために、クラウドに関する取り組みを急いでいる。

 同社はクラウドインフラ事業とSaaS事業の両方で2桁成長を見せているが、Dufour氏によれば、それが達成できた理由の一部は、この分野での買収が功を奏したことだ。同氏は、IBMはこの分野に力を入れているため、同社のオンプレミスビジネス製品に関連する買収は今後減る可能性が高いと述べている。

 Sakota氏は、IBMはこれらの分野で成長しているものの、市場での立ち位置を理解するには、オープンソース企業を買収する必要があると述べている。

 「オープンソースとSaaSの世界では多くのことが起こっており、これがIBMの市場シェアを大きく浸蝕している」とSakoda氏は言う。

 クラウド以外では、IBMは「Watson」を支えるためのアナリティクス分野での買収と、セキュリティ関連スタートアップ企業の買収に力を入れている。IBMは近年、セキュリティ分野で多くの買収を行っており、特にこの数年では、Trusteerを数十億ドルの規模で買収したのが目立つ。

 しかし、IBMがセキュリティに戦略的に取り組み始めたのは最近のことだ。Welsh氏によれば、IBMのセキュリティ分野の取り組みはかなり後れを取っており、もっと早くこの分野への投資を始めるべきだったという意見が多いという。IBMは、得意としない分野への参入を決めると、基礎を固めるためにM&Aを積極的に利用する。しかしWelsh氏は、IBMがセキュリティ分野への進出の必要性を理解するには、しばらく時間がかかるかもしれないと述べている。

 IBMには投資意欲はあるものの、そのための予算は限られている。Bartels氏の話では、現在のIBMには、売上高が2500万ドルから1億ドルの企業を好む傾向がある。IBMを買収元として想定している場合は、その点を念頭に置いておくべきだろう。

 「IBMのキャッシュと有価証券の保有高は88億ドルしかなく、現在の同社の買収能力は限定的だ。同社は340億ドルの長期負債を抱えているため、10億ドルを超えるような買収を何度も行うだけの資産は持っていない」とBartels氏は述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]