編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IBMがキャップジェミニ傘下のITコンサルSogetiと提携、「Bluemix」採用へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-19 11:49

 IBMは米国時間6月18日、Capgemini傘下のシステムインテグレーション企業SogetiがIBMのクラウドを主要開発プラットフォームとして採用することを発表した。

 IBMは2月にも、システムインテグレーターのCSC、それにTech MahindraがIBMのクラウドプラットフォーム上で開発することを発表している。

 今回の提携の下、世界15カ国でSogetiの開発者や顧客がIBMの「Bluemix」を利用することになる。BluemixはCloud Foundryをベースとしており、開発者がモノのインターネット(IoT)デバイスの統合、コラボレーション、APIへのプラグインを行う際のサンドボックスとして利用される。

 Sogetiは2万人のコンサルタントを擁しており、アプリケーション、インフラ、開発サービスを専門に、技術やソフトウェアのテストを提供している。

 IBMはハイブリッドクラウド市場を狙っており、エンタープライズ分野への足がかりとしてさまざまなシステムインテグレーターとの契約を進めている。エンタープライズの多くはIBMの何らかのハードウェアやソフトウェアを持っているが、クラウドではAmazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleなどを開発用途に利用している。

 IBMはIaaSベンダーのSoftLayer、それにSaaSベンダーなどの企業買収によりクラウド事業を成長させてきた。

 同社は開発者の支持を得て最終的には世界的に他のワークロードへも拡大すべく、Bluemixプラットフォームを推進している。IBMはまた、顧客がデータをローカルに保存できるクラウドセンターの構築も進めており、最新のデータセンターをイタリアのミラノに開設している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]