レッドハット、堅調な第1四半期決算を発表--売上高14%増

Rachel King (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-19 12:08

 Red Hatは米国時間6月18日、株式市場終了後に2016会計年度第1四半期決算(5月31日締め)を発表した。

 今回の決算では純利益が4800万ドル(1株あたり26セント)となった。売上高は前年同期比14%増の4億8100万ドル(非GAAPベースの1株あたり利益44セント)だった。

 同四半期中のサブスクリプションによる売上高も増加し、前年同期比14%増の4億2500万ドルとなった。

 アナリスト予想では、売上高は4億7259万ドル(1株あたり利益41セント)だった。

 Red Hatの最高財務責任者(CFO)Charlie Peters氏は決算報告書で、こうした好調な数字は同社が発表していたガイダンス範囲の「最高レベル」に入ると述べている。

 続いて同社の最高経営責任者(CEO)Jim Whitehurst氏は、予想を上回る決算が「ベアメタルと仮想化、プライベートクラウド、パブリッククラウドの配備という4つの基盤をまたがるオープンでハイブリッドなクラウドテクノロジ」に対する需要の高さによるものだと述べている。

 第2四半期について、アナリストらは売上高を4億9320万ドル(非GAAPベースの1株あたり利益45セント)と予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]