編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

アップル、「iOS」と「OS X」の深刻なゼロデイ脆弱性に対し、対策と調査を明らかに

坂本純子 (編集部)

2015-06-22 12:15

 Appleの「iOS」と「OS X」に存在する深刻なゼロデイ脆弱性が、6人の大学研究者によって明らかにされたと、The Registerが報じた。

 同研究者らによると、同脆弱性を悪用することで、パスワード群が格納されているキーチェーンの内容を読み出したり、アプリのサンドボックスを回避したり、「App Store」のセキュリティチェックを迂回したりできるようになるという。

「iOS」と「OS X」に深刻なゼロデイ脆弱性--研究者らが警告

 これに対しAppleは、「先週、サーバサイドアプリケーションのセキュリティアップデートを実装した。このアップデートはアプリケーションのデータを保護し、サンドボックス構成に問題があるアプリケーションをMac App Storeから遮断する。Appleではその他の追加的な修正も進めており、研究者と協力して、彼らの報告書で述べられた主張について調査している」とのコメントを発表した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]