日本MS、Azureなどパブリックラウドを金融機関向けに強化--法律面でも対応

羽野三千世 (編集部) 2015年06月25日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは6月25日、国内金融業界向けのパブリッククラウドに関する事業説明会を開催した。組織体制の強化、セキュリティとコンプライアンス機能の強化により、Microsoft Azure、Office 365、Microsoft Dynamics CRMの金融機関向けビジネスで、次期会計年度(2015年7月~2016年6月)は前年度比3倍の事業成長を目指すとする。

 組織体制の強化策として、次期会計年度から、金融機関へのパブリッククラウドの提案と導入支援を行う部門横断のプロジェクトチームを設ける。約150人のチームのメンバーには、セールス、エンジニア、マーケティング、コンサルタント、サポートの部隊に加えて、法務担当者が入るのが特徴だ。


日本マイクロソフト 執行役 専務 エンタープライズ担当 小原たく哉氏(※「たく」の漢字は「琢」の旧字体)

 同社 執行役 専務 エンタープライズ担当の小原たく哉(※「たく」の漢字は「琢」の旧字体)氏は、「法務が入ることで、パブリッククラウドを活用するためのガイドラインや法令をどう解釈していいか分からないという金融機関に対して、課題解決の支援ができる」と説明した。

金融庁の監査に対応

 小原氏は、金融業界における同社パブリッククラウドの他社との差別化要因は、「当局監査への対応」だとする。金融機関が金融庁の監査を受ける際、同社データセンターに置かれた金融機関のデータについては、同社から監査機関に依頼して監査を実施し、監査報告書を顧客に提供する。

 セキュリティとコンプライアンスについては、Azure、Office 365、Dynamics CRMともに、金融情報システムセンター(FISC)が規定するガイドライン「FISC安全対策基準」の最新版に準拠している。

 次期会計年度は、金融機関のニーズを踏まえて、金融機関側がパブリッククラウド上のファイルへのアクセス履歴をニアリアルタイムで確認できる「ログデータフィード」、メール1通ごとに顧客の鍵で暗号化する「お客様鍵暗号化」、マイクロソフトが顧客データにアクセスする際に顧客側の事前承認を得る仕組み「Customer Lockbox」、メールの添付ファイルを仮想環境で開封して安全性を確認する「Advanced Threat Protection」を、各パブリッククラウドに順次実装していく計画だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算