編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

日経平均はITバブル高値を一時超え--日本株の強弱材料を整理

ZDNet Japan Staff

2015-06-26 10:47

 日本の景気・企業業績の回復が鮮明になりつつあるので、日経平均は堅調な値動きが続いている。一方、海外に目を転じると、NYダウは上値が重くなっている。米FRBが年内利上げ方針であることが、上値を抑えている。また、新興国の経済も減速が目立ってきた。「日本株は好調でも、海外株はさえない」状況が続いている。

 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、日経平均は年末に2万2000円まで上昇すると予想しているというが、途中で、海外発の不安材料から調整する局面もあるだろうと話す。今回は、現在の日本株の強弱材料を整理しよう。

日経平均は、ITバブル時(2000年4月)高値を一時超える

日経平均推移:1989年1月4日~2015年6月25日


2013年~2015年は日経平均の上昇率が、NYダウ上昇率を大幅に上回る

日経平均とNYダウの動き比較:2013年1月~2015年6月25日


(注:2012年末を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

 外国人投資家が日本株を大量に買い越すことによって、日経平均がNYダウを大幅に上回る上昇となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]