編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
トップインタビュー

日本のPaaSベンダーは顧客との距離が近い--パイプドビッツCTOの林氏

吉澤亨史 山田竜司 (編集部)

2015-07-02 11:00

 「情報資産の銀行」をビジョンに掲げ、情報資産のプラットフォームを展開するパイプドビッツ。さらに、さまざまなアプリを作れる開発や運用の環境を提供するPaaS「SPIRAL」により、多彩な業界に特化したサービスも提供している。今回は、同社の最高技術責任者(CTO)である林哲也氏、政治や選挙情報を扱う情報サイト「政治山」を担当する執行役員である高橋伸氏に、同社の取り組みや特徴、戦略などを聞いた。

――パイプドビッツはどのような事業を持っているか。


最高技術責任者(CTO)林哲也氏

林氏 「情報資産の銀行」というビジネスコンセプトが、多岐にわたる事業のコアだと思っています。まず、クラウド上で顧客の情報資産を安全に預かり、活用するようなサービスを提供しています。具体的には、データを入れる場所を提供するサービスで、データを簡単に、そして安全に出し入れする機能をウェブで提供しています。

 また、ウェブアプリケーションを開発するためのPaaS、SPIRALも提供しています。通常、ウェブアプリケーションは、フォームの機能や一覧を表示する機能など、ウェブの部品を組み合わせて作ります。しかし、そのためにはプログラミングの知識や開発スキル、あるいは安全にデータを入出力するためには、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションといったセキュリティの知識が必要になります。

 パイプドビッツでは、そういった機能をライブラリ化して、ウェブのパーツを組み合わせ、それをウェブの管理画面から設定することで、いろいろなアプリを作れる開発環境と運用環境を提供しています。プログラマーでなくても、例えば業務部門の担当者でもアプリを作れる環境をPaaSとして提供しています。それがSPIRALです。

 ただ、SPIRALは汎用的なプラットフォームなので、業界ごとに事業部を作って対応しています。顧客の事業をよく知っている営業、サポートメンバーなど業界に特化したチームが課題に対応し、設定からカスタマイズまでアプリケーション開発をワンセットにして製品やサービスを提供しています。

 とはいえ、キャンペーン管理やセミナー管理、メルマガなど、顧客に共通する項目も多くあり、そこはパッケージして提供することもできます。また、業界ごとに特化したサービスの提案も行っています。例えば医療業界なら、医薬品を共同購入することで仕入れを割安でできる「JoyPla(ジョイプラ)」というサービスなどを提供します。

 まとめますと、「情報資産の銀行」としてのクラウドのデータベース、いろいろなウェブアプリを開発しやすいPaaS、パッケージ化したSaaS、それに業界ごとのソリューション。そういう構成でビジネスをしている会社です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]