デキる男のワイン術

デキる男のワイン術:「良いにおい」はOK?

青山葉月 2015年06月28日 08時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 ワインを飲むようになると、それが共通の話題となり、会話に花咲くことでしょう。第2回「デキる男のワイン術--「猫の尿」「濡れた犬」「腐葉土」ワインの表現は奥が深い」でも取り上げましたが、ワインの香りや味わいを言葉で表現するって、難しいですよね。

 ワインが生業ではない限り、ことさら細かく表現する必要はないし、あまりしつこく語ると「出たよ、ウンチク。これだから嫌なんだよなぁ?」と思われてしまう可能性があるので、あまりごちゃごちゃ言うのはオススメしないのですが……。それでも、一緒にワインを飲めば、お互いの感想を共有したいもの。そこで今回は、ワインについて言及するときに、使わない方がいい用語について見ていきましょう。

におい

 ワインを飲み始めたころの日記を久しぶりに読み返してみました。当時は、たとえ398円のワインでも、飲んだワインのラベルを逐一はがしてファイリングしたり「ワインノート」を作って、ワインの感想を書き連ねたりしていました。そのなかで、気になる一文が。「味はよくわからないけど、良いにおいがした」って書いてあったんです。「におい」というワードに引っかかりました。後から見ると違和感を感じることも、当時は気づかないものですね。今だったらワインの香りのことを『におい』とは言わないでしょう。女性を口説くとき、「いいにおいだね」よりは「いい香りだね」といった方がどことなく上品で印象が良いのと同じ。厳密な定義では、「におい」にも「臭い」「匂い」の2つがあり、いいにおいを「匂い」、悪いにおいのことは「臭い」を使いのが一般的。その中でも、良いにおい(匂い)のことを「香り」というようです。

 後から見ると「おかしいな」と分かることも、初心者のころは気づかないものですね。今だったらワインの良い香りのことを「におい」なんて言いません。だって、女性を口説くとき、「いいにおいがしますね」なんて言いませんよね? なんだか、偏ったフェティシズムを持った変質者みたいで、気持ち悪い。


ワインに一般的に見られる88種類のアロマがキットになっている

 ただし、ワインには、時々首を傾げたくなるような異臭がすることもあります。ワインの香りの表現には、「麝香鹿」「猫の尿」「スーボワ(森の下草)」など普段馴染みのないものもあり、もとの香りを嗅いだ経験がないと、なかなか使いにくい。そんな人のために、ワインの専門家がプロデュースしたワインテイスティング用キットも出ています。

 なかなか高価で手が出にくいのですが、たまたま知人が持っていたため、ワインエキスパートの2次試験(テイスティング)前に貸してもらい、目を閉じて手にとった小瓶の香りを当てる訓練をしていました。

 「レモン」「ラズベリー」「ラベンダー」など果物や花の香りにあたるとガッツポーズなのですが、「ブショネ(コルク腐敗臭)」や「馬の汗」などに当たると、瓶を鼻に近づけた瞬間、気分が悪くなって大変でした。

虹有社『においと味わいの不思議 知ればもっとワインがおいしくなる』
虹有社『においと味わいの不思議 知ればもっとワインがおいしくなる』

香りの感じ方には個人差があります。人によって心地よいと感じるものと、そうでないものがある。例えば、日本の白ワインに時々感じるのが、タクワンのような、切り干し大根のようなにおい。タクワンが好きな人ならたまらない「香り」だし、そうでない人には不快な「におい」かもしれない。個人的な嗜好です。

 ワインを飲んで「におい」というと、「あ、飲み慣れていない初心者だな」と思われるか、香りの専門家かどちらか。においや香りの分野は奥深く、それについて1冊の本も出るほどです(虹有社『においと味わいの不思議 知ればもっとワインがおいしくなる』)。突き詰めていくと、深い世界に足を踏み入れそうですが、一般的に楽しむ分には、専門家の知識は必要ありません。

 一ついえるのは、言われて嬉しくない事は、言わないほうがベター。「良いにおいだね」よりは「良い香りだね」と言いましょう。

青山葉月
ライター/ワイン・エキスパート/俳人
大学卒業後、某大手通信企業でのシステム保守時代にワインに出会い、あっさりワインの道へ方向転換。「飲んで覚える」をモットーに、3年間で200回以上のワイン会、イベント、試飲会に参加し、2013年に独学でJ.S.A認定ワインエキスパートを取得。飲んだワインは5000本以上。現在はフリーランス活動を開始し、ライターとして情報を発信するほか、都内のワイン・バーにてソムリエールとして勤務。また、ワインイベントの企画プロデュース、サロン運営を通してワインの魅力を伝えている。趣味で俳句をたしなみ、最近はワインを俳句で表現することを楽しんでいる。このコラムでは、ビジネスマンに役立つワイン・ネタをお届けしたいと思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]