編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ギリシャ問題で日経平均が再び急落--ここは買い場と判断

ZDNet Japan Staff

2015-06-30 10:20

 6月29日の日経平均は、596円安の2万109円と急落した。ギリシャ政府は今日(6月30日)、IMFから受けた16億ユーロの融資を返済する必要があるが、EUから支援延長を引き出すことができずに、デフォルト(債務不履行)となる可能性が高くなったことが嫌気された。

 ただし、楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、ギリシャ問題の行方にかかわらず、日本の景気・企業業績の回復は続くと考えているといい、日本株は引き続き「買い場」だと話す。

29日の欧米株式、為替、日経平均先物の動き

  • NYダウ:350ドル安の1万7596ドル
  • 独DAX指数:409ポイント安の1万1083ポイント
  • ドル円為替:1ドル122.55円(日本時間30日午前6時20分)
  • CME日経平均先物(円建て):2万50円(29日の日経平均終値対比マイナス59円)

ギリシャは、今日「テクニカル・デフォルト」となる可能性もある

 ギリシャは、本日返済の必要があるIMF融資16億ユーロが返済できない。「テクニカル・デフォルト」となる可能性がある。本来は返済能力があるのに、債務継続に必要な条件(コベナンツ)を満たさなくなったためにデフォルトとなることを、テクニカル・デフォルトという。

 ギリシャは、7月5日にEUが求める緊縮財政を受け入れるかどうか、国民投票を行う。国民投票で緊縮財政受け入れが決まれば、EUの金融支援延長が得られるので、IMFの債務も返済できるようになる。ところが、6月30日時点でギリシャ政府は、緊縮財政を受け入れていないため、6月30日期日のIMF債務は返済できない。

 今日の支払いができない時点で、ギリシャに対してすぐに「デフォルト」が宣言されるかは、わからない。IMFという公的機関への支払いが滞っただけでは、即デフォルトが宣告されない場合もある。

 7月5日の国民投票の結果が出るまでデフォルト宣言が控えられるか、あるいは、即デフォルト宣言がされるのか、現時点ではわからない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]