編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ギリシャ問題で日経平均が再び急落--ここは買い場と判断 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2015-06-30 10:20

テクニカル・デフォルトとなった後のギリシャはどうなる?

 7月5日の国民投票の結果次第で、「ユーロ離脱」へ進むか進まないか決まることになるだろう。

国民投票で緊縮受け入れが承認され「ユーロ離脱」が回避されるケース

 国民投票で、EUが求める年金カットを含む厳しい緊縮受け入れが承認されれば、EUも金融支援を継続するだろう。そうなれば、7月以降に満期を迎えるギリシャ国債はデフォルトにならないで済む。緊縮受け入れが6月中に決まっていれば、IMFへの返済もできたわけだが、6月末に間に合わず、テクニカル・デフォルトは確定している。

 それでも、デフォルトが6月末のテクニカル・デフォルトだけで済めば、ギリシャは「ユーロ離脱」までは強制されないで済むだろう。ギリシャは厳しい緊縮を受け入れてEUに留まり、粛々と財政改善を進めることになる。

 「ギリシャ人の誇りを守るために緊縮財政を放棄する」と宣言して政権をとったチプラス首相はいずれ退任し、ギリシャにはEUと協調しながら財政再建を目指す新政権が誕生することになるだろう。

国民投票で緊縮受け入れを否決、ギリシャが「ユーロ離脱」を余儀なくされるケース

 緊縮受け入れ否決後、以下のことが起こるだろう。

  1. ギリシャ国債もデフォルト
  2. ギリシャの銀行預金封鎖は長期化
  3. ギリシャ通貨は、「ドラクマ」に戻る
  4. 「ドラクマ」が対ユーロで急落
  5. 輸入物価が高騰、ギリシャにハイパーインフレが起こる
  6. ギリシャ国民の銀行預金は引き出しができないまま、価値が大幅に目減り
  7. ギリシャ国民の実質給与(ドラクマ建て)の実質価値も、激減

 銀行預金価値も、実質給与も激減するので、ギリシャ国民にとっては、EUの厳しい緊縮財政を受け入れるよりも厳しい状況にさらされるだろう。そうなることがわかっているギリシャ国民もいるので、7月5日の国民投票では、緊縮受け入れが可決される可能性が高いと考えられる。

 実際、ギリシャ国内での世論調査では、現時点で緊縮受け入れ派が、拒否派を上回っている。ただし、ギリシャのチプラス首相は、「緊縮受入れはEUへの隷属を意味する」と、国民に「否決」を呼びかけていくと考えられ、最終的にどのような結果が出るか予断を許さない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]