編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

Google Apps UnlimitedなどにSecurity Keyの管理者向け機能--トークンを展開、監視、管理

John Fontana (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-06-30 14:54

 Googleは米国時間6月29日、「Google Apps」サービスの2つに2要素認証の管理機能を追加し、企業や教育機関の管理者向けに、物理ハードウェアベースのトークンの展開、監視、管理によって強固な認証を実現するツールを提供した。

 Googleによると、「Security Key」トークンはフィッシングに対する安全性を高めるという。

 サポートされる2つのGoogleサービスは、「Google Apps Unlimited」(「Google Apps」の有料ビジネスバージョン)と、「Google Apps for Education」(教室でのコラボレーションを実現する生産性ツールスイート)だ。Googleは4月、「Google for Work」でのSecurity Keyのサポートをロールアウトした。2014年10月には、「Gmail」の全ユーザーがSecurity Keyを利用できるようにしている。

 Googleは2015年6月29日午後に公開したブログ記事で、新しい管理コントロールがApps UnlimitedとApps for Educationの「Admin Console」で利用可能になったことを明らかにした。

 ユーザーがSecurity Keyを紛失した場合、管理者は無くしたキーへのアクセスを無効にしたり、アカウント復元用のバックアップコードをユーザーに提供して、これまでどおりサインインできるようにしたりすることができる。さらに、管理者は追跡ツールとレポートツールを利用して、ユーザーが最後にキーを使った場所と時間を特定することも可能だ。

 Security Keyハードウェアトークンは、人気の高いSMSやその他の2要素認証ツール(「Google Authenticator」など)のようにコードを送信してユーザーに入力を求めるのではなく、FIDO Allianceが開発した「Universal 2nd Factor」(U2F)という公開鍵暗号方式を使用する。

 Googleのウェブサイトには、Security Keyに触れて2要素認証を有効化する方法を紹介する動画が掲載されている。GoogleはFIDO Allianceのメンバーである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]