編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Google Apps UnlimitedなどにSecurity Keyの管理者向け機能--トークンを展開、監視、管理

John Fontana (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-06-30 14:54

 Googleは米国時間6月29日、「Google Apps」サービスの2つに2要素認証の管理機能を追加し、企業や教育機関の管理者向けに、物理ハードウェアベースのトークンの展開、監視、管理によって強固な認証を実現するツールを提供した。

 Googleによると、「Security Key」トークンはフィッシングに対する安全性を高めるという。

 サポートされる2つのGoogleサービスは、「Google Apps Unlimited」(「Google Apps」の有料ビジネスバージョン)と、「Google Apps for Education」(教室でのコラボレーションを実現する生産性ツールスイート)だ。Googleは4月、「Google for Work」でのSecurity Keyのサポートをロールアウトした。2014年10月には、「Gmail」の全ユーザーがSecurity Keyを利用できるようにしている。

 Googleは2015年6月29日午後に公開したブログ記事で、新しい管理コントロールがApps UnlimitedとApps for Educationの「Admin Console」で利用可能になったことを明らかにした。

 ユーザーがSecurity Keyを紛失した場合、管理者は無くしたキーへのアクセスを無効にしたり、アカウント復元用のバックアップコードをユーザーに提供して、これまでどおりサインインできるようにしたりすることができる。さらに、管理者は追跡ツールとレポートツールを利用して、ユーザーが最後にキーを使った場所と時間を特定することも可能だ。

 Security Keyハードウェアトークンは、人気の高いSMSやその他の2要素認証ツール(「Google Authenticator」など)のようにコードを送信してユーザーに入力を求めるのではなく、FIDO Allianceが開発した「Universal 2nd Factor」(U2F)という公開鍵暗号方式を使用する。

 Googleのウェブサイトには、Security Keyに触れて2要素認証を有効化する方法を紹介する動画が掲載されている。GoogleはFIDO Allianceのメンバーである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]