企業向けクラウドストレージ5種を比較 - (page 2)

Mary Shacklett (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2015年07月07日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

Google Cloud Storage

 Amazonと同じように、Googleは社内用のクラウドベース技術を、企業向けのスケーラブルなパブリッククラウドサービスとして商用化している。Googleは「Google Cloud Storage」を、アプリケーション開発プラットフォームである「Google App Engine」や仮想マシンを提供する「Google Compute Engine」、ビッグデータ用のアナリティクスツールである「BigQuery」と合わせて提供している。

 Google Cloudは、高速アクセスが可能な標準的なストレージ、コールドストレージ(GoogleはこれをDurable Reduced Availability(DRA)ストレージと呼んでいる)、さらにコールドストレージデータのより高速な取得が可能な、コールドストレージへのニアラインアクセスというオプションを提供している。企業はこれらのクラウドベースストレージのオプションのいずれかを設定できる。

 Googleはまた、企業のエンドユーザーに、データストレージの一元管理と、プロジェクトや文書管理における共同作業の機会も提供している。これは以前からGoogleの強みだったものの、企業のIT部門におけるGoogleストレージ採用のペースはやや遅かった。

 Googleの価格設定は、1カ月1Gバイト単位の使用量に基づいたモデルになっている。

 Google Cloud Storageが最も適しているのは、文書保存や、プロジェクト管理および共同作業といった、エンドユーザーとなる企業の管理分野である。

Rackspace

 高性能ストレージへのニーズに注力しているRackspaceは、同社のクラウドサーバでホストされたアプリケーション向けのオンデマンド型ストレージ「Cloud Block Storage」を提供している。高性能ストレージへのニーズに応えるため、Cloud Block Storageは、高いI/O能力を提供し、ハードドライブとソリッドステート技術の両方を使用している。

 Rackspaceの自慢できる部分は、OpenStackソフトウェアへのコミットメントだ。OpenStackは、パブリッククラウドとプライベートクラウドで、クラウドコンピューティングプラットフォームを作成および管理するのに最適なソフトウェアだ。OpenStack Foundationのメンバーには、Dell、IBM、Hewlett-Packard(HP)、Red Hat、Cisco、VMwareなどが含まれる。

 Rackspaceのパブリッククラウドストレージもまた、OpenStackをベースとする企業向けのオンプレミスクラウドとうまく連携している。これによって、OpenStack環境を使用する企業は、自社のオンプレミスとクラウドベースのストレージ向けに、ハイブリッドのストレージ環境ソリューションを容易に作り出すことができる。

 価格設定は、1カ月1Gバイト単位の使用量に基づいたモデルとなっている。

 OpenStackアーキテクチャに取り組んでおり、自社のミッションクリティカルなアプリケーションとストレージをオンプレミスとクラウドで動かすという、2つの目標を持つ企業にRackspaceは最も適している。

Dropbox

 Dropboxのストレージサービスは、WindowsとLinuxの技術を使っており、企業のエンドユーザーをターゲットとしている。このクラウドベースのストレージサービスでは、WindowsやLinux、「Android」「Mac」「iPhone」といったデスクトップおよびモバイルデバイスにある、ほぼ全ての文書や画像を保存することができる。

 Dropboxは、直感的なユーザーインターフェースを採用しており、どこからでもそのクラウドにアクセスできる。その強みは、文書や、プロジェクトの共同作業、写真、グラフィックスファイルを必要に応じてストレージできるということだ。このクラウド上では、AESおよびSSLでの256ビット暗号化を行った、セキュアな環境で簡単にファイルを共有できる。Dropboxストレージは、「Word」「Excel」「Photoshop」「Acrobat」「Cisco WebEx」「DocuSign」など、30万種類以上のエンドユーザー向けコンピューティングアプリとも連携している。IBM、Dell、Splunkなどのパートナーが提供するストレージ管理およびセキュリティのためのアドオンをDropbox経由で利用できる。

 「Dropbox for Business」は、最低料金が1カ月15ドルで、5人以上のユーザー登録が必要だ。ストレージ容量は1ユーザーあたり1テラバイト(1000Gバイト)からである。

 クラウドを文書や写真、グラフィックスの保存、そして共同での会議開催やファイル共有のために使いたいと考えている、エンドユーザーや企業の管理部門にとっては、Dropboxは強力なクラウドストレージの選択肢である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]