編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Windows 10」プレビュービルドを再度リリース--今週で3回目

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-03 09:11

 MicrosoftはWindows Insiderに参加する「Fast Ring」のテスターを対象に、さらにもう1つの新しい「Windows 10」テストビルドをリリースした。

 新たにもう1つのWindows 10テストビルドを発表する米国時間7月2日付けのブログ投稿によると、これは「さらに高速なFast Ring」ということらしい。

 2日にリリースされた「Build 10162」は、MicrosoftがリリースしたPC向けWindows 10のプレビュービルドとしては今週だけで3つ目となる。Build 10162の2日前には「Build 10159」がリリースされたばかりである。Build 10159では、300件の新しいバグ修正と新しいWindows 10の壁紙がWindows Insidersに登録する500万人のテスターに配布された。6月29日には「Build 10158」がリリースされている


 2日のビルドは何が新しいのだろうか。Microsoftの7月2日付けのブログ投稿には、「これまでのどの『Windows 10 Insider Preview』ビルドよりも、信頼性、パフォーマンス、バッテリ持続時間、互換性に優れていることが、われわれのテストと社内テレメトリ評価基準から明らかになっている」という主張以外に詳細は記されていない。

 この新しいビルドが審査に合格すれば、Microsoftはこれを、「Slow Ring」テスターに対してISOとともに来週リリースする可能性が高いと、同社関係者らは述べた。

 今後数週間(遅くとも)のうちにWindows 10を製造工程向けにリリースしなければならないことを考えれば、Microsoftが速いペースでWindows 10のプレビュー版をリリースしていることもそれほど意外ではない。Microsoftは、同社従業員と一部のパートナーに加えて、Windows Insiderに参加するテスターらを総動員して、バグ一掃に取り組んでいる。

 Microsoftは7月29日に、Windows 10のPC向けリリースを開始する予定である。Windows 10の「Home」および「Pro」のエディションは、「最初の1年間無料アップグレード」のキャンペーンを利用すれば、29日から入手可能で、そこからWindows 10の段階的リリースが開始される。Windows 10の「Enterprise」および「Education」のエディションは、8月1日から正式版が提供開始される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]