編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レッドハットの「RHEL for SAP HANA」、AWS向けに拡大

ZDNet Japan Staff

2015-07-03 10:59

 Red Hatは米国時間7月1日、SAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」向けの「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA」をAmazon Web Services(AWS)のパブリッククラウド向けに拡大したと発表した。AWSの「AWS Marketplace」で提供される。

 Red Hatは2014年からSAP HANAでSAPと提携しており、この下で開発されたRed Hat Enterprise Linux for SAP HANAは統合されたプラットフォーム提供する。オープン、拡張性、可用性などの特徴を持ち、企業はこれを利用して意思決定とビジネスプロセスを高速化し、運用環境をRed Hatプラットフォーム上に標準化できるとしている。

 今回、実装の選択肢を拡大し、あらゆる形の企業のビックデータソリューションをサポートできるとしている。顧客はまた、クラウドプログラム「Red Hat Cloud Access」を利用して、「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」「JBoss Enterprise Web Server」「OpenShift」「Red Hat Gluster Storage」などのRed HatソリューションをAWS上で実装できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]