レッドハットの「RHEL for SAP HANA」、AWS向けに拡大

ZDNet Japan Staff

2015-07-03 10:59

 Red Hatは米国時間7月1日、SAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」向けの「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA」をAmazon Web Services(AWS)のパブリッククラウド向けに拡大したと発表した。AWSの「AWS Marketplace」で提供される。

 Red Hatは2014年からSAP HANAでSAPと提携しており、この下で開発されたRed Hat Enterprise Linux for SAP HANAは統合されたプラットフォーム提供する。オープン、拡張性、可用性などの特徴を持ち、企業はこれを利用して意思決定とビジネスプロセスを高速化し、運用環境をRed Hatプラットフォーム上に標準化できるとしている。

 今回、実装の選択肢を拡大し、あらゆる形の企業のビックデータソリューションをサポートできるとしている。顧客はまた、クラウドプログラム「Red Hat Cloud Access」を利用して、「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」「JBoss Enterprise Web Server」「OpenShift」「Red Hat Gluster Storage」などのRed HatソリューションをAWS上で実装できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]