編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日米とも景気回復続く、6月の米雇用統計サプライズなし

ZDNet Japan Staff

2015-07-03 11:10

 7月2日の日経平均は、193円高の2万522円だった。日本の景気回復色が徐々に強くなってきていることから、堅調な値動きが続いている。

 2日発表の6月米雇用統計では、1~3月に失速した米景気が、4月以降、回復していることが確認された。米景気の回復は、日本経済にとって追い風だが、米国が景気回復を理由に年内に利上げを実施方針であることには注意が必要だ。

 また、7月5日にギリシャ国民投票という大イベントを控えていることにも短期的に注意が必要だ。2日のNYダウは、27ドル安と小幅安になった。雇用統計にはサプライズがなかったが、米市場が3日に休場であること、5日にギリシャ国民投票を控えていることから、小幅安となった。

 楽天証券経済研究所のチーフストラテジスト窪田真之氏は、米国が利上げを実施してもギリシャがユーロ離脱しても、日本の景気・企業業績の回復トレンドは変わらないだろうとし、海外要因で日経平均が下げる局面があれば買い場になると考えているという。

日経平均2万円が下値抵抗線として意識されるようになる

日経平均の動き:4月1日~7月2日


(注:楽天証券経済研究所が作成)

 4月中は、日経平均2万円は、上値抵抗線として意識されていた。2万円が近づくと、個人投資家から、利益確定売りが増えた。ところが、5月に日経平均が2万円を超えてから、2万円は下値支持線として意識されるようになった。

 6月は、日経平均が急落しても、2万円が近づくと個人投資家の押し目買いが増え、反発している。日本企業の業績拡大が続き、日経平均2万円でも、利益から見て十分に割安と考えられるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]