データ分析でスポーツは変わる--岡田武史元日本代表監督が語る夢の大きさ - (page 2)

大河原克行 2015年07月03日 14時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 岡田氏は「今治に日本全国から“育成チームに入りたい”“指導をしたい”という人が集まり始めている。ホームステイなども行い、サッカーを通じて、生き生きした街になることを目指したい。東大からゴールドマンサックスにいった人が安い給料なのに自ら今治に来てくれた例もある。四国リーグでは考えられないような水準のコーチもいる。モノやカネじゃないものが人を動かし、人と人との信頼関係が、新たなものを作っている。信頼関係が経済を動かしていく時代が生まれている」と語り、夢が現実化に向けて動き始めていることを示した。

 現在、FC今治でも項目を設定してデータを収集、分析することを開始。その結果をコーチがトレーニングに反映しているという。

 「試合でできなかったことをトレーニングで反復する。これまでは、選手に何が足りなかったのか、そのためにどんなトレーニングをするのかということは、コーチの裁量だけで決まっていたが、データをもとにして、誰がコーチしても効果的なトレーニングができる」

データでわかったというのでは監督失格

 岡田氏は、日本代表監督時代にもデータを多用していたという。「日本代表ではたくさんデータが手元に集められ、それを分析していた。だが、その使い方の多くは、ミーティング資料としての使い方だった」

 試合で右サイドを突破され続けていたことや、どの選手が多く動いていたのか、といったことを数値として表示できたが、「そんなことは見ていればわかる。データを見て初めてわかったというのでは監督失格。ミーティングの裏付けのために使うことが多かった」

 しかし、SAPがドイツのブンデスリーグで活用している、インメモリデータベースの「SAP HANA」を活用したクラウドサービス「SAP Sports One for Soccer」などを見て、データの活用方法に新たな気付きがあったという。

 「それまでは、データからは新たなものが生まれないと思っていたが、ビッグデータから予測を生むことができると感じた。たとえば、幼少期からのデータの蓄積によって、ある選手は中2日で試合をやるときには走行距離が落ちるということがわかる。その際には、選手を休ませるといったことも可能になる。これは劇的な変化につながる」

 日本代表監督のときには、幼少時から始まる選手データを積み重ねたような分析は当然、行われていなかった。

 ドイツのサッカーチームでは、監督がすべてのデータを見るのではなく、データアナリストともいえる分析者が1枚にまとめた必要なデータだけを手渡していることに驚いたという。

 「それで“監督が欲しいデータが揃うのか”と聞いたら、いつも監督とコミュニケーションを取っているから“こういうデータが欲しいというのがわかる”と言われた。これには衝撃を受けた。むしろ、監督は考えること、やらなくてはならないことが多く、“たくさんのデータを見ることができない“とも言われた」

 岡田氏の「データの分析担当者というよりもコーチと一緒。私もこのやり方を知っていれば、代表監督としてもっと楽ができた(笑)。マネジメントとしてはかなりロスをしたと思う」との発言に、会場からは大きな笑いが起きた。

Sports One for Soccerは選手の状況を把握できる。独バイエルン女子サッカーチームに所属する岩渕真奈選手のもの
Sports One for Soccerは選手の状況を把握できる。独バイエルン女子サッカーチームに所属する岩渕真奈選手のもの

データ分析でスポーツは大きく変わる

 SAPは、セーリング、ゴルフ、F1レース、クリケット、アメリカンフットボール、野球、テニス、バスケットボール、サッカーの分野で、多数のスポーツ団体と協業。サッカーでは、ドイツサッカー連盟と協業して、選手とチームのパフォーマンス指標を分析している。日本でもスポーツデータの解析、配信を行うデータスタジアムが行っているサッカー、野球向け次世代サービスの研究開発をイノベーションパートナーとして支援するなど、スポーツ分野での取り組みを拡大している。

 会場では、Sports Oneをクリケットで採用している例をビデオで紹介した。

 SAPがスポンサーとなり、ドイツの8部リーグからスタートし、1部リーグにまで昇格したTSG1899ホッフェンハイムでは、Sports One for SoccerをはじめとするSAPの製品やサービスを活用し、選手のコンディション管理やトレーニングの設定などを行っているという。こうした例を示しながら、ここでは実際に、Sports Oneや「SAP Injury Risk Monitor」といったスポーツ向けソリューションをサッカーチームのFCバイエルン・ミュンヘンで使用している例をデモストレーションしながら紹介した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]