編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IPv4アドレス枯渇近づく--北米のIPアドレス管理団体ARINが警告

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-06 10:36

 カナダ、米国など北米のインターネットアドレスの管理を行う非営利グループのAmerican Registry for Internet Numbers(ARIN)は、「Unmet Request Policy」を発表した。需要に対して供給できるIPv4アドレスブロックの枯渇を示すものとなる。

 IPv4アドレスはどれぐらい残っているのか?IPv4 Address Reportによると、ARINが持つアドレスプールのうちIPv4のアドレスブロックは0.0085 /8しかないと報告している。つまり、ARINに残っているのは500アドレスブロックもないということになる。最後の2~4週間分のアドレスしかないのだ。

 インターネットアドレスが必要なら、いくつかの選択肢がある。まず、ARINに残っている在庫のうち最大のブロックサイズのIPv4アドレスの割り当てをもらう。次に、インターネットアドレス再販事業者からIPv4アドレスを購入する。あるいは、IPv4アドレスのウェイティングリストに入って待つこともできる。

 だが、アドレスブロックが空くのを待つという選択肢は、絶望的と思っておいたほうがよいだろう。ARINの最高経営責任者(CEO)のJohn Curran氏は、「アドレス空間がARINに戻ることはほとんどないので、ウェイティングリストは最後の手段といえる」と述べている。

 賢明な手段は、思い切ってIPv6に移行することだろう。IPv4アドレスは非常に限られている。モバイル端末の急増とこのところのモノのインターネット(IoT)により、IPv4アドレスの枯渇は予想より速く進行している。

 自社のITチームがすぐにIPv6への移行を実行できない場合、移行を容易にする技術を持つ次世代のインターネット企業のソリューションを検討するのもよいだろう。

 ARINのアドレスプールが枯渇に近づいており、今後IPv4アドレスの価格が上昇することが予想される。そこで、ARINのCurran氏はISPのIPv6への移行を呼びかけている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]