編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ギリシャ問題のゆくえが分かるまでは押し目買いスタンスで - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2015-07-08 11:24

日経平均の上値も重くなってきている

 海外にさまざまな不安材料が出てきたことから、上値は抑えられるようになっている。当初は、米国が年内利上げ見通しで、世界的に長期金利が上昇していたことが懸念されていた。

 6月以降は、ギリシャの信用不安が嫌気されている。さらに、中国株急落や、ウクライナ、プエルトリコ、ベネズエラの信用不安、米国の企業業績減速懸念などが、複合的に不安視されるようになっている。


(楽天証券経済研究所が作成)

 上海総合株価指数は、個人投資家による投機的売買で急騰後、急落した。急落で痛手を負った投資家も多く、中国の景気に悪影響を及ぼさないか懸念されている。

しばらく押し目買いスタンス

 日本の景気・企業業績の拡大が続くことで、窪田氏は日経平均は年末2万2000円へ上昇すると予想しているという。ただし、短期的には海外の不安要因によって、乱高下が続く可能性もある。ギリシャ問題の行方がわかるまで、しばらくは、押し目買いスタンスで臨むといいというのが窪田氏の考えだ。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]