編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シスコ、セールスオートメーションソフトのMaintenanceNetを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-08 12:02

 Ciscoは米国時間7月7日、セールスオートメーションソフトウェアを開発するMaintenanceNetを1億3900万ドルで買収すると発表した。

 MaintenanceNetはクラウドベースの契約管理プラットフォーム「ServiceExchange」で知られる。この製品は断片化された保証契約やサービス契約のデータを取り込み、販売やマーケティングの部門が新規獲得または喪失したサービス販売機会を把握するのを支援する。

 このソフトウェアにより、Ciscoは製品、ソフトウェア、サービスについて継続的に収益が得られるモデルへとITが変化している状況に対し、適切に対応する準備が整う。さらにCiscoはMaintenanceNetの技術を、社内と顧客向けサービスの両方で活用する計画だ。

 Ciscoによると、同社はMaintenanceNetと2009年から提携しており、MaintenanceNetのソフトウェアをCiscoのディストリビューションおよび再販パートナーに提供しているという。今後、MaintenanceNetはCiscoの顧客エンゲージメント部門であるGlobal Customer Success(GCS)という組織に加わる。MaintenanceNetの最高経営責任者(CEO)Scott Herron氏はブログ記事で、同社が廃業したり、同社製品が廃止されたりする計画はないとした。MaintenanceNetの本社はカリフォルニア州カールスバッドにとどまる。

 CiscoはMaintenanceNetの買収を含めて、このところ頻繁に企業を買収しており、2015年に入ってからこれまでにソフトウェア企業6社を買収している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]