編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

炎上は避けたいソーシャルメディアキャンペーン、7つの成功例と3つの失敗例 - 9/10

Erin Carson (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-14 06:15

 Bud Lightが「#upforwhatever」キャンペーンを始めた時、同社は「一晩、語彙から『ノー』をなくすのにぴったりのビール」というキャッチフレーズも合わせて発表した。このことはレイプの悪弊について、またそのキャッチフレーズを自社製品に記載する前に、どこかぞっとすると考えた人がいなかったのかという点について、多くの批判と議論を引き起こした。同社はそれ以来、そのスローガンを取り下げた。

 Bud Lightが「#upforwhatever」キャンペーンを始めた時、同社は「一晩、語彙から『ノー』をなくすのにぴったりのビール」というキャッチフレーズも合わせて発表した。このことはレイプの悪弊について、またそのキャッチフレーズを自社製品に記載する前に、どこかぞっとすると考えた人がいなかったのかという点について、多くの批判と議論を引き起こした。同社はそれ以来、そのスローガンを取り下げた。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]