編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

ムーアの法則の限界に挑むIBMの7nmチップ--コンピューティングの未来をどう変える? - (page 2)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-07-16 06:30

 2つ目の変化は、極端紫外線(EUV)リソグラフィを使ってチップを製造することだ。EUVリソグラフィは小型化を実現した主な要因である。従来、チップは紫外線(UV)リソグラフィ(フォトリソグラフィとしても知られる)を使って製造されていた。

 「EUVが機能していれば、製造に必要なリソグラフィの手順を減らすことができる」(Fichera氏)

 手順が減れば、製造コストも削減することができるかもしれない。しかし、特に初期の頃は、EUV用の機械をそろえるコストがかかるので、節約分が相殺されてしまう可能性があるとFichera氏は語る。しかし、EUVがさらなるチップの小型化を可能にするにつれて、EUVの使用は、業界全体の設備の一新につながるかもしれない。

 Fichera氏は、これにはマイナス面もあるかもしれないという。なぜなら、設備の一新には莫大なコストがかかり、その余裕があるのはこの分野の主要プレーヤーだけであるため、製造チェーンのさらなる整理統合が進む可能性があるからだ。

figure_2
提供:Darryl Bautista/IBM

 IBMのプレスリリースによると、同社はこの新技術のターゲットになる可能性が高いものとして、クラウドコンピューティング、ビッグデータシステム、コグニティブコンピューティング、モバイル製品を想定しているという。モバイルに関して言えば、デバイスのパフォーマンスを維持しつつ電力消費量を削減したり、同じバッテリ持続時間でパフォーマンスを改善したりするのに役立つため、この新チップは重要である。

 「通常、携帯電話プロバイダーはこれらのことを組み合わせて行う。彼らは機能を追加するが、同時に電力消費量が低減し、バッテリ持続時間をより長くする」(Liehr氏)

 低消費電力化をめぐって、熾烈な戦いが繰り広げられるだろうとFichera氏は語る。現在ではIntelとIBMが最も大規模な争いを展開している。モノのインターネット(Internet of Things:IoT)の類いの端末は、小型化と低消費電力化の極めて重要なユースケースになるだろう、と同氏は付け加えた。さらに、システムオンチップ(SoC)への応用の可能性もある。Fichera氏はそれについて、「CPUに加えて、メモリなどの論理素子も同一のチップ上に集積するという概念」と説明している。

 IBMの10ナノメートルチップでは、D-RAMをチップに搭載することができる、と同社は語っていた。それが7ナノメートルチップでも可能なら、SoCも現実味を帯びてくる。

 全体的に見ると、これは開発を次の開発サイクルに押し上げる可能性があるので、業界のあらゆる人にとって朗報だとFichera氏は考えている。しかし、それによって、半導体業界の巨大企業の間で、新たな次元の競争が始まるだろう。

 「それは劇的な出来事になるだろう。Intelが近いうちに反撃に転じると私は考えている。彼らにこれを受け流すことはできない。彼らがどう応えるのか楽しみだ」(Fichera氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]