編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
Microsoft WPC 2015

マイクロソフト、「Office 365」の新プラン「E5」を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-14 11:42

 Microsoftは米国時間7月13日、2015年末までにOffice 365の「E4」プランを廃止し、新しい「E5」プランをリリースする計画を明らかにした

 E5では、「Cloud PBX」「Meeting Broadcast」といったオンラインミーティング機能をサポートする「Skype for Business(旧名Lync)」のほか、「Power BI Pro」や「Delve」などのアナリティクス機能に加え、「eDiscovery」「Customer Lockbox」「DLP」「Safe Attachments」などのセキュリティ機能を利用できる。

 E5の提供が開始された時点で従来のE4は廃止される。新規顧客はE5を契約するか、E1またはE3に各種オプションを組み合わせて契約することで、Cloud PBXとPSTNの機能を利用できるようになる。E4を契約中の既存顧客は、E5に移行するか、E3とCloud PBXのセットに移行するかを選択できる。既存のライセンス形態を維持したい場合は、E3とSkype for Business Plusのクライアントアクセスライセンス(CAL)に移行できる。

 Office 365の既存顧客は、現在の契約とE5の差額を支払うステップアップSKUを通じてE5にアップグレードできる。ソフトウェアアシュアランスのオンプレミスライセンスを維持したい顧客のために、アドオンSKUも用意される。

 E5の価格はまだ発表されていないが、現行のE4は1ユーザーあたり月額22ドルで利用できる。これには、エンタープライズボイスとユニファイドメッセージング機能を備えたSkype for Business、ローカルにダウンロード可能なOfficeアプリ、「Power BI for Office 365」(間もなく「Power BI Pro」で置換予定)が含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]