編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、「Salesforce Shield」をリリース--信頼性の高いアプリ構築を支援

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-15 10:26

 Salesforce.comは米国時間7月14日、「Salesforce1 Platform」向けの新たなサービス「Salesforce Shield」をリリースした。この新サービスを利用することで、信頼性の高いクラウドアプリを素早く構築することが可能になり、規制の厳しい業界におけるセキュリティとコンプライアンスに対する高いニーズを満足できるようになるという。

 このサービスは同日から一般提供が開始されており、アーカイブ化や監視、暗号化のほか、Salesforce1 Platform上に構築されたアプリの監査といったサービス一式を実現している。

 Salesforce.comによると、ドラッグ&ドロップで使用できるこのサービスは、イノベーションによって目まぐるしく変化しているクラウドアプリ環境における、コーポレートガバナンスポリシーや業界の規制に従うという、大企業のIT部門共通の悩みを軽減するという。

 Shieldを使用した新たなコーポレートガバナンスアプリを開発し、「Salesforce AppExchange」で販売することも可能となっているため、Salesforce.comは同サービスを独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やシステムインテグレーターに向けても売り込んでいく。またShieldは、Salesforce1 Platformによって構築されたネイティブなアプリもサポートしているという。

 同社によると、Shieldの価格は同サービスにアクセスするために使用されたSalesforce製品全体の割合から個別に算出することになるという。ただし、Shieldの各コンポーネントは個別または合わせて購入することが可能だ。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]