編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、サイバー攻撃の発見から報告までの流れを体験できる演習プログラム提供

NO BUDGET

2015-07-16 18:59

 NECは7月15日、サイバー攻撃の発見から対処、報告までの一連の流れ“インシデントハンドリング”を体験しながら学べる「実践!サイバーセキュリティ演習-インシデントレスポンス編-」の提供を9月から開始すると発表した。

 この演習は、企業や官公庁などの情報システム管理者や情報セキュリティ担当者向けに、サイバー攻撃に適切に対処できるスキルを実際の攻撃事例に基づいて学べるという演習プログラム。NECは2013年度と2014年度に総務省の実証実験「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を実施しており、それらを通じて培った経験を活用して演習プログラムを構成、NECマネジメントパートナーから提供する。

 受講者は、ある組織の情報システム管理者(セキュリティ担当)として、インシデントの発見、報告、問題個所の特定、隔離、分析、解析、被害状況の確認などインシデントハンドリングの一連の流れを実際にPCを操作しながら学習する。

 対象者はシステム管理者やCSIRT(Computer Security Incident Response Team)担当者など。NECマネジメントパートナーが提供する研修のうち「インターネットセキュリティ技術」「インターネットセキュリティ技術(実習編)」のいずれかを終了、または同等知識を有する人物を想定している。

 日程は2日間、第1回は9月17~18日を予定。受講料は1人21万6000円。ウェブサイトから申し込める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]